BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

2008年 12月 30日 ( 1 )

いつか来る優しい未来を 胸に描き信じながら 羽ばたいてゆこう。

美彩「2008年オーラスぅ~♪毎年恒例の座談会~♪今年は私たちの年だよぉ~♪」

淳之介「…テンション高いなー。そんなキャラだったっけ?作者がもう忘れてるんじゃないの?」

美「だって私たちがメインだよ?私たちだけの世界だよ?ラブラブフワフワ~♪今度はあの末期な作者も別作品の暴走娘もいないよっ♪二人っきりなんだよっ、淳くん♪」

淳「……残念ながら二人っきりじゃないんだよなー、これが。去年の座談会ってどういう形式でやったか覚えてる?」

美「え…っ?えっと、確か去年は…HMの春奈ちゃんに雪夜くん、それにTSのエミットさんと秋臣さんの4人で……って、え?」

理央「こんばんは。いい夜ですね。今年最後を貴女と迎えられる事を光栄に思います。お噂はかねがね、新体操界では『リボンの妖精』として存じております。ああ、そのお美しい瞳に見つめられると、思わず恋に堕ちてしましそうです。その零れんばかりの笑顔、独り占め出来たらと切望して胸を痛めております。今宵、貴女様の御心を不肖私めに盗ませてくださ………痛ェ!?」

碧「…………………」

理「あ、碧……。オレが悪かったから無言で手を抓るの止めてくれ……」

美「あはは~♪そんな可愛い彼女がいるのに私を口説こうったってダメよ?まあどっちにしても、淳くんがいる以上は他の男の子になびいたりしないけどね~♪」

淳「うわっ!?いきなりくっ付くなよ美彩!!」

理「くっそ、見せ付けやがって…。碧!こうなりゃオレ達も………」

碧「あぅぅ……それは流石に…は、恥ずかしいですぅ……」

美「…さて、お互いイチャつきはこの辺にしておきましょう。座談会の趣旨、忘れないようにね」

淳「…お前が一番危なかったような…」

理「そんな訳で、今年は新夜作品の中でも特に目立ったこの4人で座談会を開催だ。HMでは『Episode2』、それに伴う短編群はその殆どがオレと碧の活躍を描いたものだったからな。今年は雪夜&春奈よりもオレ達の方がこの場に相応しい」

碧「…後で麻生さんにネチネチ言われそうで怖いですけど…」

美「そして何と言っても新作の『Loving All Under The Blue Moon -blood type:Z-』が生まれた年でもありますっ♪」

淳「そう、今年は僕らが生まれた年なんだよな。新たな作品として、皆にも受け入れてもらえたようで嬉しかったな」

理「…ところで、今年作者が公開した作品って全部でどれくらいだ?」

碧「えっと…HM関連の小説が7作(配布小説を含めると8作)、青月が丸々1作、青月の原案小説が1作、『彩桜学園物語』と『Mighty Blue』のプロローグがそれぞれ1作、キャラブログが3作、それとポエムが70作。後は意味不明な次回予告とか色々書いていたみたいです」

美「ポエムが去年の63作から増えてるのは当たり前だとしても、小説の減り方はちょっと納得出来ないね…。今年は全部で12作。去年は倍の24作よ?」

淳「まあ仕事が忙しかったっていうのもあるみたいだけど。上半期はホントに忙しくて12時間労働がデフォだったっていうし」

理「結局HMも短編ばっかりで本編が全然進まなかったな。…こりゃ本格的に1年1作ペース…?」

碧「…完結するまで後何年掛かるんでしょうね、それ……」

理「…ああ。作者は今どうせニート化して暇なんだから気合入れて書けばいいのに…」

美「でもHMに関して、ちょっと思う所があるんだって。何か近い内にその事を発表するかも知れないんだってさ」

理「へえ…?一体何だろうな。全く想像出来ないが」

碧「………まさか連載打ち切り……とか……言わない、ですよね……?」

淳「いや…『代表作』と銘打っている訳だし流石にそれは……。まああの作者なら絶対にないとは言い切れないけど……」

理&碧「ちょっと勘弁してーーーー!?」

美「正に『神のみぞ知る』ってやつだね」

碧「自分達の作品は完結してるからって、余裕ですね…。こっちは死活問題なのに……」

淳「でも実際の所、僕らにはどうしようも出来ないしねぇ…」

理「分かってますよ。その辺はもう祈るしかないですね。…いや、いっそ他に小説書いてる人に物語の構想ごと身売りするとか……」

美「……『作者を信じる』っていう選択肢はないんだ……。っと、時間だしそろそろ締めましょうか。このブログを観てくれている皆様、私たちの小説を読んで下さった皆様、作者に代わってお礼を言います。本当に、本当にありがとうございました!」

淳「相変わらず作者の執筆速度は上がりませんが、作品を公開する度に心温かい感想を入れて下さり、感謝しています」

理「皆さんのご協力を得て、今年もどうにか無事に乗り切れそうです。願わくば、来年もご贔屓にして下さると嬉しいです」

碧「先行きの見えない世の中ですが、作者共々私たちも精一杯、頑張って行ければと思っています。最大限の感謝とご多幸をお祈りして…」



美&淳&理&碧「それでは皆様、よいお年を!!」



人気ブログランキングへ
繋いだその手の暖かさ 心にそっと抱きしめて。
[PR]
by araya-shiki | 2008-12-30 21:18 | Comments(5)
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー