BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

暴走娘と恋する乙女の頂上決戦。

※この記事は自作小説『Harmonical Melody』と『Loving All Under The Blue Moon -blood type:Z-』の設定を元にしています。まだ読んだ事がない方はこちら→小説置き場



春奈「がるるるるる………」

美彩「…えーっと……?」

シキ「はい、こちら現場の東海林……じゃない、新夜です。今現在、このブログは何やら険悪なムードに覆われております。…つーか険悪なのは一人だけだが…。そして私は今、意味も分からずこの奇妙なプチ修羅場に放り込まれております。……全く、せっかくの休みだから引きこもってリトバスやりた……げふぅ!?」

春「納得行かなーい!何でこんなポッと出の作品のヒロインが目立ってるの!?新入りは新入りらしく、隅っこで大人しくしてなさい!何よ、所詮月姫のパクリじゃない!!」

美「私と淳くんの愛の物語が全否定!?」

シ「……テメエ、それ私に文句言ってんのか?」

春「そうじゃないよ!私が言いたいのは要するに、『この世界に神(ヒロイン)は私一人で充分よ♪』って事だよ!!」

シ「うーむ……そのルビの振り方は封印指定クラスだな。別に世界観も登場人物もジャンルも全然違うんだからそんな事気にする必要なんざねえと思うんだが。お前エミットとは仲いいじゃないか」

美「そうだよ春奈ちゃん。同じ新夜作品の仲間なんだから、もっと仲良くしない?ほら、一緒にケーキ食べよ?アンリ・シャルパンティエの新作だよ~♪きゃッ!?」

春「触らないで汚らわしい!!」

シ「……お前キャラ変わってるぞ……。暫く出て来ない間に何があった……?作者に無断でキャラ変えるのはやめてもらいたいんだが」

春「そんな訳で、私とこのアバズレのどちらがヒロインとして格上なのか、この際徹底的に比較してもらいましょーか!アンタは作者なんだから、その立会いと解説をしなさい!まあこんな新人のペーペーに長年ヒロインとして君臨して来た私が負ける訳ないけどね!うふふふ……♪」

シ「…だからお前キャラが…。一応作者の立場から警告しておくが、多分後悔するぞ?」

春「何でよ?私が負ける要素なんてないじゃない」

シ「その自信は何処から来るのか疑問の余地は尽きないが……まあ若干キャラが似通っているのは私の責任でもあるし。この際その辺を分析してみるのも悪くないな。分かった、乗ってやろう」

美「……私まだ3回しか喋ってないんだけど……」

・容姿&人気
f0128830_921372.jpg

シ「一応両者共に『美少女』という設定ではあるな。この辺は最早どっちが上かは個人的な好みの問題になる。因みにこの画像はかんな。さんが書いてくれたイラストで、左が春奈、右が美彩だ。人気は……曲がりなりにも新体操オリンピック候補の美彩の方があるだろうな。全国区だし。春奈はSGの中でちやほやされてるだけ」

春「別にそんなのどうでもいいもん。むしろたまに鬱陶しいもん。私は雪夜にだけ愛されていればそれで……♪」

美「私も淳くんが好きでいてくれたら別にファンなんていらないかな~♪」

シ「……二人でぽわ~っとしとるな……。幸せな連中だ。お前ら実は気が合うんだろ」

春「参考までに、アンタとしてはどっちが好みなの?」

シ「ノーコメント。この場で答えられる訳ないだろうが」

美「まあそうだよね。公平性がなくなっちゃうから」

シ「強いて言えば静流かな」

春&美「……今その人関係ない……」

・性格

シ「二人共素直で一途で明るいって所は同じだが、春奈は積極的且つ大胆、嫉妬深くて執念深い。が、いざとなると純情路線。で美彩は消極的…って程ではないが、自分から率先してアプローチを仕掛けるタイプではなく割と受動的。でも芯は強くて我慢強い」

春「そう言えば、何で淳之介くんの事好きなのに自分から告白しなかったの?今時女の子の方から告っても全然アリだと思うけど。まごまごしてる間に他のコに盗られたら本末転倒だよ?」

美「だって私は淳くん以外考えられなかったし、淳くんも私の事好きなの知ってたから、その上で淳くんが他のコになびくようならそれは多分私の勘違いだと思うんだ。だからそんなに焦る必要ないかなって。だから淳くんから告白されるのを待ってたの。告白するよりされた方がロマンチックだし」

春「うわぁ……乙女だこのコ……」

シ「まんま『北風と太陽』の構図だなー…。どっちがどっちかは言うまでもないが」

春「そんな『まあ頑張れや』的な表情で肩を叩かないでよっ!!」

・スペック

シ「勉強は曲がりなりにもSG生徒の春奈の方が上。美彩は実はそんなに成績よくなかったり。淳之介が上なんじゃなくて美彩が下なのだ。運動能力は断然美彩。死徒とか関係なくても。流石にオリンピック候補だからな。春奈はそんなに運動得意じゃないから。春奈が細身のスタイルを維持出来ているのは、食事の主導権を握って自分が食べる量を密かに調節しているからだったり。家事スキルは断然春奈が上。美彩は元々家事があまり得意な方ではなく、料理も淳之介と付き合うようになってから本格的に始めたので所詮は素人に毛が生えた程度。片や春奈は料理のみならず家事全般が得意。特に料理に関しては味・レパートリー共にプロレベル。実は家庭的なんだよ、お前。全然そんなイメージないけど」

春「最後の一言が果てしなく余計だよっ!!」

美「でも家事が得意なのは羨ましい……。ね、ね、肉じゃがを美味しく作るコツって何?淳くんの好物なんだけど、なかなか上手く煮付けなくて……」

春「ああそれはね、最初薄味でジャガイモにだいたい火を通してから砂糖と醤油を足すといい感じに………」

シ「……お前らやっぱり仲いいんだろ」

・彼氏との進展具合

春「……………………」

シ「これは圧倒的に美彩の勝ちだな。淳&美は正式に付き合ってるし、キスまで行ってるし、更に実質的にプロポーズまでしてる。片や雪&春は付き合ってないし(周りからは付き合ってるようにしか見えないが)、額にキスが一回だけ」

春「こんなのを比較対象にするのは間違ってるよっ!そもそもあっちは付き合う所から物語が始まってるんだから不公平だもん!スタートラインがもう違うんだもん!!」

美「…………ふっ」

春「うわっ、何その勝ち誇った顔!悔しい~~~!!この一点だけで全てが負けた気分だよっ!!」

シ「だから最初に言っただろうが、『多分後悔する』って。だからってこれを比較対象にしない訳にもいかないだろ。仮にも『ヒロインとしての格』を量るんだから、彼氏との進展具合は大切な要素だ。まあお前の方はまだ先があるから、これからじっくり………ってオイ、聞いてるか?」

春「えへへ……こうなったらもうなりふり構っていられない。うふふ…この脳みそピンボケヴァンパイアよりも先んじるには雪夜の童○を奪うしか………えへへへへへへへ…………」

美「は、春奈ちゃんっ!?その発言は流石にヤバすぎるよっ!?もうヒロインがどうとかいう領域じゃないよ!?調子に乗ったのは謝るから正気に戻ってー!!」

シ「逃げてっ!!雪夜逃げてぇーーー!!今度はHMがパラダイムノベルにされちまうーーー!!」



人気ブログランキングへ
ソラを彩る深きアオ 記憶にしっかり焼き付けて。
[PR]
by araya-shiki | 2008-10-05 11:09 | Comments(5)
Commented by ru-raa at 2008-10-05 17:54
春奈メインだ~♪ と喜んで読み始めたら、思った以上に早いスピードでキャラ崩壊が進行していますね(笑)。
とりあえず、『ヒロインらしさ』という点では美彩に1票。春奈は今後に期待、ですね。
それでは。
Commented by HOCT2001 at 2008-10-05 18:50 x
春奈の暴走具合がツボでした。
>パラダイムノベル
マニアックっすね。
Commented by rat at 2008-10-05 22:56 x
とりあえず、ピンク文字落ち着いて(滝汗)
確かにヒロインらしさだけを見れば美彩のほうがらしいですよね。どっちが優れているかでは甲乙付けることが出来ませんが。
春奈のほうが見ていて面白いですけどね?
Commented by kazusakanna at 2008-10-06 00:11 x
兄上、絵は勘弁。
僕もまだ自分の絵が定まってないので。
うわ~ん……。
Commented by araya-shiki at 2008-10-06 10:05
>ルーラー様
話が完結している分、美彩の方がヒロインとして確立してますからね。春奈ももうちょっとヒロインらしくしていければと思う今日この頃です。

>HOCT2001様
実はコレが書きたかったからこのネタ思いついたり(笑)。マニアックですかね。実は前にも使ったネタですが。

>rat様
春奈の方は物語同様、まだ発展途上ですからね。…まあ今や碧にも押されてる感じですが(汗)。私も春奈の暴走を書くのは面白いので好きですけどね~。

>かんな。様
いえいえ、やはり両者を比較するには視覚的にも分かりやすくないといけませんから。その点においてはこのイラストはかなりイメージ通りですよ。頑張って下さいませ。
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31