BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

タグ:夢 ( 18 ) タグの人気記事

なんかダるー なんかデるー あいしテるー あれ一個が違ってるんるー。

……久々にキタぜ、新夜の新夜による『カオス・ザ・ドリームシアター』。今回は超弩級。過去最凶クラスにヤバイヤツを観てしまった……。最早これはカオスだとか有り得ないとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。と某ポルナレフさんがうっかり現れそうなヤツを観ましたよ。短かったけど。

会社の朝礼時。もう夢でも仕事してるあたり疲れてる事が伺い知れますが、まあそれはよし。仕事の夢を観る事自体はそれほど珍しい事ではありませんから。

で、社長が何を思ったか『社歌を唄う』と言い出しました。朝礼は毎日やりますが、別に社歌を唄う習慣なんてありません。そもそも社歌自体がありません。まあ私の他にももう一人音楽やってた社員がいるので、作れって言われればやってやれない事はないのですけど。そんときゃ『ブレイク工業』並みのヤツを作ってやりますよ。

話が逸れましたが、そこで社長(60歳男性。私の同級生の父親)は何を思ったか、

社長『あーいまーい3センチ♪ そりゃぷにってコトかい? ちょっ♪

とか真顔で歌い始めました。そう、知ってる人なら分かると思いますが、社長が歌っているのはらき☆すたの主題歌『もってけ!セーラーふく』です。アンタ何故選りに選ってその曲をチョイスした。……や、チョイスしたのは私か……?
知らない人の為にようつべ貼っておきます。

私が呆気に取られている内にも社長は真顔で歌い続け、『Darlin' darlin' PLEASE♪』とかワンコーラス歌い切りました。救いなのは脳内再生していた曲がアニメのボーカルだった事。決して社長の声で再生されていた訳ではありません。

……しかし安心するのはまだ早い。真のカオスはここから。社長がワンコーラス歌い終わった後に私以外の社員(全員男。全員私より年上)が肩幅に足を開き、手を腰に当てて

社員『あーいまーい3センチ! そりゃぷにってコトかい? ちょっ!!

と、オクターヴ下の野太い声で歌い始めたではありませんか。目の前のカオスに付いて行けない私がひたすら狼狽えていた所で夢終了。……朝起きた瞬間は本気で頭がおかしくなりそうでした……。つかこんな夢を観る時点でもう既に充分おかしい気はしますが。お陰で今日は一日『もってけ!セーラーふく』が頭から離れず、何百回脳内再生した事やら。さすが稀代の電波ソング、トラウマになりそうだったZE……。その話を同僚(アニメ好き)にしたらこちらも気が狂うんじゃねえかと思うほど笑い転げていましたが。

相変わらず私の夢は斜め上を突っ走ってますNE……。斜め上どころじゃねえ気もしますが。そう言えば今日はポエムの日でした。すみません、明日書きます。



web拍手を送る
願いのカタチは千差万別 光と影が交差して。
[PR]
by araya-shiki | 2010-04-13 20:25 | Comments(4)

素敵だね 二人手を取り歩けたなら。

夢です。夢を観ました。ええ、いつものツッコミどころ満載のヤツです。ちょっと久しぶりですね。最近夢を観てもなかなかはっきり思い出せなかったりしてたのですけど。今朝ツイッターで少し触りを呟きましたが、こちらでは順を追って。

まず、私は何故か卒業式に出席するという設定でした。私は当然今現在学生ではありません。何なんでしょうか、来賓や父兄だったりするんでしょうか。取り敢えず、『どう言った名目で』出席するのかは結局分からず仕舞いでしたが。

で、その卒業式に向かうのですが、友人と一緒に車で会場入りする運びになっていまして。勿論その友人も私と同い年ですから学生ではありません。つか幼稚園来の親友です。コイツが学生だったらビックリどころか吐血します。

いざ私と彼は車に乗り込んだのですが、車が置いてあったのは車庫ではなくどこぞの道端でした。私はそんなワケ分かんない所に車を放置したりはしません。買って半年のインサイトを手荒に扱うような真似はいたしませんっ!

何故か車中では私と友人はノリノリ。意味分かりません。何がそんなに楽しかったのでしょうか。で、車で走り出したはいいのですが、100mも進まない内に友人が『忘れ物をしたから停めてくれ』と言ってきます。私は言われたまま停車したのですが、そこが何故か私の家の真ん前でした。そして忘れ物を取りに行ったはずの友人は私の家に入って行きます。何してるんでしょうか、コイツは。

待ってる間路駐している訳にも行かないという変な気分に掻き立てられて、家の近くの私の勤めている会社の本社(職場自体は本社ではなくて車で一時間掛かる所にあるのですが、本社は歩いて1分の所にあるのです)の駐車場に車を移動しました。で、何故か私も自分の家へ向かいます。こんな事している暇はあるのでしょうか、私達。つーかその時点で私は、卒業式の事などすっかり忘れています。

家に戻るとオヤジが何か騒いでいました。その理由を尋ねると、『お前(新夜)の車がどっか行った!!』とか言ってます。さっきまで乗っていた、私のインサイトの事です。何故さっきまで私が乗っていた車がなくなったのか、そして何故その事実を家にいたはずのオヤジが知っていたのかは全く不明ですが、私も私で『マジで!?カンベンしてくれよ!!』とか泣きそうになってます。因みに家に入っていったはずの友人は家にはいませんでした。何かコイツが容疑者っぽいのは気の所為でしょう。

そして私とオヤジは私の車を探すべく、本社の中を探し始めました。何故車を探すのに屋内を探しているのでしょうか、私達は。どう考えても見つかるはずはないのに、夢の中の私はそんな疑問を持つこともなく本社をくまなく探しておりました。

で、『あったぞー!!』と私を呼んでいるオヤジの元へ駆けつけると、私の車は何故か社長のデスクの上にミニチュア化して置いてありました。サイズ的にはラジコンくらい?それを見つけた私らは何故か『良かった~、見つかった~♪』と喜びもひとしおでしたとさ。

ここで夢終了。何だろうね、きっちりオチ(?)がついて終了って。私の夢は相変わらず意味が分かりましぇん。誰か夢診断して下さいな。



人気ブログランキングへ
風に乗せた言葉を 貴方の胸へ届かせて。
[PR]
by araya-shiki | 2010-03-09 20:11 | Comments(8)

今あふれだした 想いを伝えたくて。

宮本笑里って可愛いよね。佐々木希って可愛いよね。……はい、ミーハーでゴメンなさい。でも今現在私の中でツートップです、この二人。TVの中の人とは言え、一応三次元の人である以上私はまだ大丈夫(ナニガ)。……でも今日のいいとも見逃した……(泣)。だって宮本笑里が出るなんて知らなかったんだもんっ!知った時はもう昼の2時だったんだもんっ!

そんなアホな口上で今夜も始まりました、『新夜・ザ・アトミックおんどりゃー(意味不明)』です。違います、このブログは『BE THERE』です。ついて来れるか……!

今朝、久々に夢を観ました。ええ、久々です。そしてカオスです。ファンタジーでした。というより若干バイオハザード寄りでヴァンパイヤー戦争風味でした。

何かヘンなビルの中。夢の中の私は銃を手に持っていました。人々は逃げ惑っています。ビルの外は何故か月面風味です。白い荒地でデコボコしてます。でも息出来ます。そんな事は当然なので夢の中の私は気にも掛けませんが。

逃げ惑う人々の中で逆走して来る物体X。そう、ゾンビ(っぽいもの)です。や、実際は何かが違うのかも知れませんが、グロイのでいちいち直視してません。向かって来るゾンビ(っぽいもの)を銃で撃つも、弾道が目で追えるくらい遅くて威力がありません。どうしたものかと銃を色々いじって見た所、撃鉄が上手く作動していない事が分かりました。その辺を踏まえつつ撃ち直してみると、ようやくそこそこの威力が出せるようになってゾンビ(っぽいもの)を直撃します。でもゾンビ(っぽいもの)は一向にダメージを負いません。そこで私はめんどくせえのでコイツを無視(オイ)。や、別に襲ってきませんし。細かいディテールもこの際無視。因みにこの時の私、びびるどころか焦りもしてません。どんだけー。

ゾンビ(っぽいもの)に何度かすれ違いつつ、ビルのエントランスフロアに到着。何か仲間っぽい見知らぬオッサンが私を呼んでいます。『初対面の人に馴れ馴れしくされる筋合いはねえんだがなぁ』とナマイキなやさぐれモードでオッサンの話を聞いてみると、『さっき倒したゾンビ(っぽいもの)から、何かの種みたいなものが落ちて来た』とか言ってます。あからさまに怪しいのですが、オッサンは何故かこの種がゾンビ(っぽいもの)を消滅させる唯一の手段だと言って聞きません。根拠を述べよ、オッサン。

で、ビルから出て外の地面にその種を植える事に。オッサンは必死に地面を掘り(やたら固そう)、種を植えています。私は手伝いもせずに周囲の阿鼻叫喚(ゾンビに追われている人々とか必死に何かを叫びながら地面を掘ってるオッサンとか)ぬぼーっと眺めていました(手伝えよ)。ゾンビ(っぽいもの)は何故かこっちには襲って来ません。

掘った穴に種を埋め、土を被せてその上から大量に唾を掛けるオッサン。どうやら水がなかったらしい。オイオイマジかよ、と思いつつも傍観する私。そして……種はあっという間に芽を出し、瞬く間に大木へと成長しました。しかも一本だけでは飽き足らず、追うように何本も同じ樹が生えて行きます。

その光景を『おーすげー』と無感動に見入っていた私。隣ではオッサンが感動のあまり涙しています。取り敢えず鼻水を拭け。樹が増える毎にゾンビが消えて行きます。オッサンの言った事は正しかったのだ。これで全ては救われた……かのように見えました。

樹を見上げると、無数に実が生っているのが目に付きました。何の実だろう、と思っていたら一斉にその実が地面に落ち始めました。そして……落ちた実はゾンビ(っぽいもの)に変わって行きます。そう、実は『実』ではなくて『卵』だったという訳です。だから怪しいって言ったのに……と嘆いても後の祭り。ゾンビ(っぽいもの)は見る間に先ほどよりも増えてキュピーンとこちらを……

……という所で目が覚めました。相変わらず私の夢は訳ワカリマセン。誰か夢診断して下さいな。いや本気で。そろそろ手遅れな領域に突入しているやもしれぬ……(汗)。



人気ブログランキングへ
目に見えるは真実 虚構と偶像の入り混じる真実。
[PR]
by araya-shiki | 2009-11-16 20:54 | Comments(4)

雪のように空に咲く 花の下へ。

……はい、また更新空いてますね。ダメですね、ホント。休みなのに。

昨日の話ですが、久々に凹む事件がありました。
あれは~夕方頃の~事じゃった~。ウチのジイサン達が2泊3日の湯治から帰って来たのです。まあコレだけでは別に何て事ありませんけど。
で、何を思ったのかウチのジイサン、私の車を車庫入れしようとして、ものの見事に壁にガリガリッとかましてくれやがりましたのです。

ここでウチの車庫の構造を説明せねばなるまい。

以前何処かで言った事がありますが、ウチの車庫は家とは別の国道を挟んだ所にあります。車庫の前自体は国道ではないのにやたらと交通量が多く、時間帯によっては車庫入れするのに結構面倒な所なのですが。
元々車庫自体があまり大きくなく、特に横幅は私の新車だと結構ギリギリ。サイドミラーを畳まないと綺麗に入らないくらいのサイズです。
シャッターの仕切りを挟んで横に2台、奥行きはそこそこあるので前後に2台並べて、計4台の車が収納されているのですが、私の車はその左側の前、ジイサンの車はその後ろにあるのです。因みに右側は家の仕事用の車が2台入っているのでノータッチ。
従ってジイサンの車を車庫に入れるにはまず私の車を一端外に出して、ジイサンの車を入れてから私の車を戻す、と言ったアクションが求められます。この前後関係は使用頻度によって決定されたもの。

……私も一部始終を見ていた訳ではないので何をどうやったのかはハッキリしないのですが、ジイサンが一人で勝手に車庫入れするという情報を聞いて嫌な予感がしたので様子を見に行き車庫に辿り着いた時、目の前でガッツリ、

ガリガリッ♪

と盛大にやってくれていました。
その前にも何かをやっていたようで、車庫の真ん中にあるシャッターの仕切りがベッコリ曲がっていて、シャッターを下ろせない状態になっていました。しかも後ろのジイサンの車も下がりきっておらず、下がった時に『ゴンッ!』とぶつかってました。サイドミラーも畳んでおらず、車庫の入口でガチッと引っかかってました。

……目の前が真っ白になりましたよ、ええ。買ってから今までまだ3週間くらいですが、傷なんぞ勿論付けた事はありませんし汚れさえ付いたらすぐに拭き取るくらい大事に乗っていたというのに。
取り敢えずジイサン引き摺り下ろして車の状態を確認。傷が付き塗装が剥げてバンパーが凹んでます。絶望に打ちひしがれつつ車庫入れをし直して速攻で車屋に電話。タイミング悪く昨日今日と休みなので修理に出すのは明日。私、死ぬほどブルーで昨日と今日は車に乗る気が欠片も起きませんでした。

ジイサン曰く、『私(新夜)に迷惑を掛けない為に自分でやろうとした』らしいのですが、そっちの方が迷惑だと何故やる前に気付かん?今まであった軽とは感覚が違いすぎるのだぞ?私の2.5倍の人生で殆ど軽しか乗った事無いアンタが練習もなしに車庫入れなんぞすんな。つーかアンタ元々私より車庫入れ下手じゃん。私が家にいないのならともかく、私がいる時は私に頼まんかい。と、世にも珍しい孫が祖父を説教するの図が展開。当たり前ですが修理費は全額ジイサン負担。自車で自宅の事故なので保険は効きません。当然です。つーかむしろ慰謝料も寄越s(強制終了)

その後ジイサンはバアサンにも説教を喰らってました。その時バアサンが私に言った一言。

『ゴメンね~、命の次に大事なものをこのバカが傷付けちゃって~』

……不覚にも吹いた。許しはしないけど少し気が緩みました。バアサンナイス。何にしても、早く綺麗に直るのを祈るばかりです。

……そう言えばこの前の記事で『新車が盗まれる夢を観た』って書きましたけど、もしかしてコレを暗示していたのでしょうか……?盗まれてはいませんが車に関係しているし。だとしたら……怖いですね。何か流石私の夢って感じ(意味不明)。



人気ブログランキングへ
傍にいて 隣にいて 寄り添って話し掛けてキスして欲しい。
[PR]
by araya-shiki | 2009-10-12 20:05 | Comments(6)

愛しぬけるポイントが ひとつありゃいいのに。

はい、そんな訳で新作を投稿して来ました。読みたい人は漁って来なさい。まだアップされていないので解説はしませんし感想も出来るだけ控えて下さい。アップされたらキチンと解説しますから。……まあ若干閲覧注意っぽい感じですけど。

…何か今日は異常に寒いです。今エアコンで暖房掛けてます。今秋初ですね。何だろう、祐様にもさっき言いましたけど、台風が寒気を連れて来た感じがします。雨も降ってますし。このまま一気に冬になりそうなYO・KA・N。まあこのくらい寒い方が服の着合わせのバリエーションが増えるので、個人的にはオッケですが。

病院に薬貰いに行ったらタイミング悪く第2土曜日で休みだったし。……月曜日も休むんだから今週くらいは開けなさいよ。ただでさえ平日には仕事の都合で行きづらいんだから。

ついでに、夢を観ました。しかも『新車が盗まれる』という実現したらマジ死ねる夢でした。起きた時に心の底から『ゆ、夢で良かった……』と安堵しました。どんだけファンタジックでカオスな夢を観てもそこまで言わないのですけど。なまじリアルで悲惨なものだったから故でしょうが。

……さて、ネタも尽きた事ですし、こんな所でしょうか。暇なのでまたチャットにでも居ついてようかな。



人気ブログランキングへ
早すぎる時の流れは 駆け抜けた季節の数を忘れさせ。
[PR]
by araya-shiki | 2009-10-10 20:00 | Comments(2)

優し過ぎる悲劇を 君の瞳に最後のMelody。

はい、今朝も今朝とて、夢を見ました。……や、もう『観ました』って字にした方がいいんじゃないかと思います。あれは最早一種の劇なので。ビックリするくらいあり得ない内容なのに、ビックリするほどリアルで現実感に溢れているのです。だから私は何故か『夢を見ている』という認識がどうしても出来ない。……もしかしてニブイのか?その割に異様にハッキリ記憶してるのだけど。そう、正に劇を観ていたかの如く。

でも今回はそんなにカオスじゃないかな。ツッコミ所は満載だけど、前回の勇者ものほどファンタジック(?)じゃねえし。そんな訳で、新夜夢劇場『カオス・ザ・ドリームシアター』の始まり始まり~。坊ちゃん嬢ちゃん寄っといでっ。

いきなり、私は中学生でした。舞台は学校。ちゃんと母校です。制服もきっちり着てます。詰襟です。懐かしい。某時を司る女神の力も借りずにた~いむすり~っぷ。
私以外の登場人物も至って普通。珍しく完全に私の同級生で纏められています。普段なら何人か芸能人が混じっているのが常なのですが。因みに私の夢で一番出演率が高い芸能人は何故かNEWSの山下智久だったりします。舞台設定が学校だと大抵彼がいる。……意味不明。
当時実際に仲の良かった、席が近くになる事が多かった女友達と何か変に親しくダベりつつ、授業が始まるのを待っています。そんな会話の一幕。

私「確か次の英語って小テストだったっけ?勉強してきた?」

彼女「う~ん、ぼちぼちかなぁ。それはそうと、次の社会、詩希くんが『翼をください』を歌うんでしょ?

……ん?何か会話が噛み合ってねえぞ?私が英語だっつってんのにいつの間に社会になったノダ?そもそも、何で社会の時間に私が歌わにゃならんノダ?何その無茶ぶり。……などという至極当たり前の疑問など欠片も抱かず、私は『ああ、そうだったそうだった』などと殊勝に練習を始める始末。彼女も妙に可愛く『頑張ってっ♪』とか応援して来るし。
分かっている。狂っているのは私自身ではなくこの世界。ひいてはこの世界を創造した私なのだという事である。

いざ授業。私は『翼をください』をアカペラで独唱(設定がいつの間にかシビアになっている)しなければいけない緊張で若干そわそわしつつ、教室に先生が入って来るまで女友達とくっちゃっべってます。確か『スイカの皮は美味しいか否か』とかいうクワガタ目線っぽい会話をしていた気がします。
で、しばしの後、先生として教室に入って来たのは……

元ライブ○ア社長のホリ○モンでした。

ここへ来て前例通り有名人投下。それもまさかのホ○エモン。何か授業でも金の話しかしなさそう。粉飾決算のやり方とか。何か腹黒い生徒が育ちそうなフ・ラ・グ。しかもこのホリエ○ン、

何故かサンタの格好をしています。

勿論私を始め、クラスの誰もその事には突っ込まず、至って平穏に授業が流れて行きます。この暑い中ご苦労様です。私は結局歌いませんでしたが。結局何の授業だったのかも思い出せませんが。
そんなこんなで夢終了。……相変わらずブロガーとしては助かるけど、人としてどうなのかという夢ばっかり観るな、私。

……あうう、今日もHMの更新が出来なかった…。実はEP2をちょいちょい手直ししてまして。まあEP1やWOSほど弄りはしないと思いますが。アクセス解析も載せてないしそろそろポエムだし、どうせならもうちょっと引っ張ろうかと薄っすら思っている今日この頃。…楽しみにしていて下さっている方々には申し訳ないですが。

さて、今日は早めに風呂入って来るかな。



人気ブログランキングへ
あと少しだけ君を引き止められたなら 今とは違う結末が待っていたのだろうか。
[PR]
by araya-shiki | 2009-08-03 20:22 | Comments(3)

曇りのち雨でも 雨のち曇りでも いつかは青空に晴れるさ。

……結局日食は観れませんでしたよ……(泣)。雲は厚いし上司が病欠したので仕事は忙しかったし。そりゃ昼のニュースや何やらでは観ましたけどね、そんなもん所詮虚像でしかない訳で。せっかく日本で観れるのに、TVで観たんじゃ世界の別の国でやってるものを映したのと大差ない訳で。肉眼で観る事に意義があった訳で。
……まあ最初からそんなに期待してなかった部分はあったけど。前々から天気悪いって予報だったし、本気でガッチリキッカリ観たいのなら休み取って硫黄島にでも行ってるだろうし。次の日本で観れる日食は26年後だそうですね。その頃の私、何やってるんだろう……。それにしても、ツアーまで参加して大雨に降られた方々はご愁傷さまと言う他ない……(汗)。

そんな訳で、夢を見ました。……はい、別にせきな先生に対抗した訳ではないので悪しからず。
唐突にも、夢の中の私は勇者でした。はい、コレはアレな人の意ではなく、ロープレ的な意味での勇者でした。でも時代設定は現代でした。私の旧友の家とか出て来ました。…そう言えばアイツ、今何処で何やってるんだろう……。
設定がイマイチあやふやなのですけど、何か私の大切な人が大きな龍に喰い殺されたらしいです。いきなりヴァイオレンスです。因みにその大切な人というのは女の子で、名前を『ルナフレア』と言いました。『ロトの紋章』というマンガに出て来た戦うお嬢さんの事ですね(注:この人も序盤で死ぬ)。何だろうか、このマニアックなチョイス。
で、私はいつの間にか伝説の勇者だかなんだかに祀り上げられて、前述した旧友の家の屋上(何故か30階建て。勿論リアルでは2階建て)に仲間(何故か見知らぬジジイとババアばっか。役に立ちそうもねえ)と共にその龍を迎え撃つべく立っていました。因みにその家の一階ではルナフレアさんの葬式をやっています。
暫く待っていると、そのルナフレアさんの仇らしき龍が家の周りをぐるぐる回っているではありませんか。見た目はちょうどDBのシェンロンをイメージしてもらえるとそんな感じです。でも色はあんまり綺麗じゃない茶色でした。仲間のジジイとババアは龍にビビッて屋上からダイブ。お前ら死にたいのか逃げたいのかどっちだ。つーかやっぱり役に立たなかったな、コイツラ。
図らずして単身、しかも武器防具一切無しで龍と挑む事になった勇者・新夜は、屋上からぼけーっと観察していたのですが、龍は家の周りをぐるぐる回るだけで何もして来ません。そんな彼(?)に、新夜が一言。

「バターになれー!!」

……と、叫んだ所で夢から醒めました。……最近夢を小説にした方が面白いものが書けるかも知れないと思い始めて来ました。この所妙にハッキリ残っている夢多いし。……や、カオス過ぎなのは置いといて。

さて、家の水周りが壊れてしまったらしいので、これから銭湯に行かねば。…面倒だ。急かされているので、コメレスは明日。



人気ブログランキングへ
鮮やかに今 色付く季節は 眩しく強く微笑んで。
[PR]
by araya-shiki | 2009-07-22 20:08 | Comments(2)

And I somehow hope to hear you cry.

最近ちょこちょこ空きながらも一応それなりに更新している恩恵か、なんとなーく閲覧者数が戻りつつある今日この頃。……や、全盛期に比べると流石にそこまでは持ち直してはおりませんが。…そんな中、昨日も昨日で何もしてないのに更新をサボるアフォウ。くっ、誰がこんな呪いを……!

話題転換。

はい、そんな訳で、夢を見ました(唐突だな…)。
夢に入るといきなり、『私が5日後にアメリカ留学をする』という設定でした。出発は5日後です。にも関わらず、アメリカの何処に留学するかも決まっていない、というコトは当然、下宿先も決まっていないどころか何をしに留学するのか自分でも分からない、おまけに私、英語なんぞ日常会話すらままならない、そしてそもそも、私はパスポートすら持っていないという状況でした。野垂れ死に確実どころか国外脱出さえも不可能くさい状況で、夢の中の私は希望に溢れて輝いておりました。
すげえ、その体たらくでアメリカ留学を慣行しようとしていた夢の中のオレ、すげえ。どんだけチャレンジャーだよ。現実でもそれぐらいのポジティブ・アクティブさを持ちたいものです。ま、確実に命は縮むでしょうが。

更に話題転換。

先週の土曜日の夕方、夕食時のある親子の会話。

私「あ、オレメシ食ったら遊びに行くから。鍵掛けないで」

母「ふ~ん。何処行くの?」

私「○○町(←隣町の名前)。酒呑まねえから車で」

母「ふ~ん、また○○君(←私の友人の名前)達?たまには参加メンバーに女の子とかいないの?」

私「いや、いるよ。…つーか女の子と二人」

母「ふ~ん。……ふふっ♪ まあ頑張りなさい♪

私「何を!?

…つーかそこはかとなく何処かで聞いた事ある台詞だぞ?
そんな訳で、断言しよう。

TSの秋臣母のモデルは、若干私の母が入っている

というコトを。……やはり血は争えんのか……。因みにウチの母は私が小説書いている事は知ってますが読んだ事はないはずです。読ませた事はないし、検索で探し出せるほどネットに精通してない上に私のHNを知りませんので。にも関わらず秋臣母とほぼ同じ発言をかましてくるとは……。ウチのオフクロ、恐るべし。いやまあ、流石に『ちゃんと付けなさいよ?』までは言われなかったのでまだマシk(強制終了)
意味分からん人はここに飛べ→Time Slip Innovation

……さて、風呂でも入って来るか。



人気ブログランキングへ
手探りの迷路 離れた声 目には見えない光の標。
[PR]
by araya-shiki | 2009-06-29 20:03 | Comments(3)

果てしない夜空に流れる 涙を抱きしめて。

相変わらず遅い時間に失礼します、『バビロニアの忘れ物』こと『哀愁のマスクマン』こと『其の鋭すぎる感覚や既に超能力』こと『ぬばー』ことニート新夜でござ~い。

昨日からウチの地方ではトンデモネー量の雪が降りやがってます。まあ今日は全国各地で降雪を記録しているようで。雪景色の金閣寺とかニュースでやってましたね。
…だがこっちとは量的に比べるべくもなかろう。こっちの雪を擬音化するなら『ズドン』です。ええ、『ズドン』です。『チラチラ』とか『深々』とか『フワフワ』とか『ハラハラ』とか『ニヤニヤ』とか『うりゃうりゃ』とか『えっさおいさ』といった生易しい擬音じゃねえのです。どれくらい降ってるのかは…また近い内に写真でも撮って来ましょかね。

そんな訳で、夢を見たのです、昼間に。…や、別に白昼夢を見たという何やら素敵時空に巻き込まれた訳じゃないのですけど。ゲームをしつつ音楽掛けてマンガ読んでたらウトウトしてしまって、ぽやや~んとしながら夢を見ていたのですよ、これがまた。来年は丑年ですってよ奥さん。
どんな夢かというと、夏祭りでした。意味不明です。外では雪がガンガン降っているのに夏祭りだそうですよ奥さん。何か皆して盆踊りしてました。私は踊ってないですが。
で、この盆踊り。何故かX JAPANの『DAHLIA』に乗せて踊っていたのです。ハードロックです。カッケーです。何だろう、16ビートに4ビートでついて行っている感じでしょうか。踊り自体はゆったりなんだけどリズムはズレてないという高等テクニック。あのおばちゃん達すげえ。…で、夢から醒めたらコンポから『DAHLIA』が。どうやらこの音が夢の中まで響いていたらしい。

X JAPANの『DAHLIA』を聴いた事ない人はこちら↓

ヤバイくらいカッコイイのです。つか圧巻なのです。HIDE~!

さて、少しは執筆しようかな。



人気ブログランキングへ
冬空に夏の面影を浮かべて もう一つの季節を探そう。
[PR]
by araya-shiki | 2008-12-26 22:49 | Comments(6)

イヤな問題 大損害 避けて通る人生なら論外。

「おい、ちゃんと管理しとけよ?」



 対面に座る男がオレにそんな事を言った。深い自意識喪失から引き起こされたばかりのオレには意味が分からず、ただ何となく、手にしていた『それ』に目を向けた。

 注射器。中は蛍光のイエローグリーンの液体で満たされていた。安っぽい宝石みたいなその色は、際限なく不安を掻き立て居心地を最悪にさせる。

 針は細く、糸のように弱々しい。プラスチックで出来ていると思われる本体と針の部分はアタッチメントで結合しており、取り外しが可能になっている。恐らく衛生面の関係で針は使い捨てだと思われる。…当然か。
 目盛りの付いた本体は一見するとミサイルのようなフォルムで、尻にはピストン。これは紛れもなく『注射器』であり、とてもじゃないがそれ以外のモノになんて見えよう筈もない。これでも病院には何度も世話になっている。オレは注射器を見た事もない世間知らずではない。

 ピストンを軽く押し出すと、針の先端から中の液体が飛び出し、膝を濡らす。匂いはない。オレは零れた液体を眺め、針を弄んでいた。

「………あ」

 不意に、針のジョイント部分が外れた。ゆっくりと落下していく針。スローモーションのような1秒後、床にぶつかった細すぎる針は衝撃に耐え切れず折れた。針だったモノの残骸は首の折れた人形みたいにだらしなく、頭上の灯りを反射して七色の残滓を散らす。

「おいおい、何やってんだよ。繊細な道具なんだからもっと丁重に扱えって言っただろ」

 男は怒るでも呆れるでもなく、事務的にそんな事を言う。ロボットみたいな抑揚のない口調が気に障る。

「ほら、こっちなら多少安全か?」

 そう言うと男は、代わりの針を取り出してオレに手渡して来た。ソイツはさっきの針とは比べ物にならないくらい長く、太い。ちょうど竹串ほどのサイズだろうか。

「…ああ、これなら問題ない」

 オレはその力強さにニヤリと口を歪ませる。

「こっちだってアンタには期待してるんだ。相応の働きをしてくれないと捨てられるのはアンタの方だぜ?」

「ああ、分かってる。オレにはもう後がない。死にモノ狂いでやってやるさ」

「ようやくいつもの調子か。ま、せいぜい気を張る事だ。弱音は誰も聞いちゃくれないぜ」



 オレは注射器を手に、部屋を後にする。さあ、張り切って仕事をこなすとしよう―――――




……という夢を見たんです。意味不明な事に。やたらハッキリ残っていたので小説仕立てにしてみました。…暇だな、私…。
つーかディテールがさっぱりですね、この夢。私は何なんでしょうか。ツッコミ所が満載です。殺し屋とかテロリストでしょうか。注射器の中身は何でしょうか。今私が読んでる小説や観ているドラマからして『H173』か『ブラッディX』あたりが候補として挙げられます。…どっちにしてもB兵器じゃねーか…。私、テロリスト確定ー。きゃー皆逃げてぇー♪

……んな事してる暇があるなら執筆しろという話。



人気ブログランキングへ
淡く儚い華の香り 切なく脆い星の涙。
[PR]
by araya-shiki | 2008-12-14 17:26 | Comments(4)
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31