BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

タグ:創作小説 ( 125 ) タグの人気記事

DQⅢプロローグ ~DEPARTURE~

 深い霧の掛かる朝。街人達に見守られる中、王都アリアハンの入り口に一人の男が立つ。
 男の名は、オルテガ―――
鍛え上げられた屈強な体躯、強い意志の宿る精悍な顔は、見る者を惹きつけてやまない。事実、彼はこのアリアハン大陸の、いや、世界の英雄だった。

「ねえ、どうしても行くの?」

 彼の傍らには、一人の女性。名はマリア。オルテガの妻である。

「せめてこの子がもう少し大きくなるまで傍に…」

 マリアは胸に抱いた赤ん坊をオルテガに見せるように持ち上げた。二人の愛の結晶、生後三ヶ月になる息子のアレルだ。アレルは、キャッキャと無邪気に笑っている。
 オルテガはアレルの頭を撫で、微笑む。アレルの笑顔は出発前の殺伐とした空気を癒してくれた。

「だから、だ。この子が安心して大きくなれる世界を作るために、今すぐにでも俺は旅立たなければならないんだ。これ以上、『魔王バラモス』をのさばらせてはいけない。今までさんざん話し合ってきただろ?」

「分かってる。分かってるけど…。この子にはやっぱり父親が必要で…ッ」

 そこまで言ってマリアは口を噤んで視線を落とした。
 オルテガはこの世界・アレルガルドの希望の星なのだ。マリア一人の我が儘で引き止める訳にはいかない。
 それに…オルテガは一度決めた事は二度と曲げない。その事は妻であるマリアが一番よく分かっていた。今まで二人は幾度となく話し合ったが、やはりオルテガは一度として自分の意見を曲げる事はなく、遂に今日を迎えるに至ったのだ。

 2年前――
 突如としてアレルガルドに現れた魔物の大群。そしてその大群を統べる『魔王バラモス』。その脅威は凄まじく、世界は恐怖に慄き、絶望への一途を辿った。世界の大国はバラモスを打倒すべく、幾度となく勇者や軍隊を送り込んだが、強大な魔力を操るバラモスの前では無力だった。
 人々は願った。救世主の出現を。34年前、世界の闇を祓った大勇者ゼイアスの再来を。そこで立ち上がったのが、勇者オルテガ。何を隠そう大勇者ゼイアスの実子である。
 オルテガこそが、世界の希望。オルテガならば、世界を救ってくれる。人々はそう信じてやまなかった。

「………気持ちは嬉しいけど、キミの言い分ももっともだけど、俺は行かなければいけない。今、この瞬間にもバラモスに苦しめられている人がいる。もうこれ以上先延ばしにする事はできないんだ」

 マリアは遂に涙を堪える事が出来なくなった。アレルを抱いたまま、地面に座り込んで嗚咽を漏らし始める。それと呼応するように、アレルも泣き始めてしまった。
 オルテガはマリアの手からアレルを抱き上げる。すると、あんなに激しく泣いていたアレルが、ピタッと泣き止んだ。

「アレルに父親が必要なら、再婚すればいい。俺たちは昨日で夫婦の誓いを解消した。これからどうするかはキミの自由だし、俺には既に口を出す権利はない」

 オルテガはわざと突っ撥ねるように言う。その言葉が、マリアの心の堰を突き崩した。

「そんな事!そんな事出来る訳無いじゃない!なんでそんな事言うのよ!アレルの父親はこの世界にあなたしかいないんだから!『必ず帰って来るから待っててくれ』ぐらい言ったらどうなのよ!!」

 マリアは心の限り叫んだ。大事な人が遠くへ行ってしまう。無事に帰ってくるよりも、もう帰ってこない可能性の方が圧倒的に高い。だからこそ、彼を気持ちよく送り出したかった。なのに、引き止める言葉しか掛けられない。しかし、最早自分の言葉では彼を引き止める事すら出来ない。自分の声は何の効力もない。マリアはそれが悔しかった。何も出来ない自分が、堪らなく悔しかったのだ。
 そんなマリアの思いとは裏腹に、オルテガはマリアの言葉が嬉しかった。本当に自分の事を心配してくれている事が分かったから。

「ありがとう、マリア。キミが…いや、キミとアレルが居てくれるお陰で、俺は旅立つ勇気を出す事が出来た。本当に感謝している。俺は必ず帰って来る。平和を手土産にしてな。約束だ。…それまで、アレルと一緒に待っててくれ」

 マリアは子供のようにコクコクと頷く。その様子を見て、オルテガも大きく頷いた。
 その時遠くから声が響いてきた。

「おお~い!オルテガァ~!」

 この声の主は、鍛冶屋の跡取ギン。ギンは人込みを掻き分けてオルテガの傍まで走ってきた。随分遠くから走ってきたのか、息が上がっている。傍らには『ルイーダの酒場』の若い女主人、ルイーダもいる。オルテガと二人は幼い頃からの親友だった。

「よかった、間に合ったのね。もう出発したかと思っちゃった」

「どうしたんだ、二人とも」

「おめェに渡したい物があるんだよ。たった今完成して、大急ぎで持ってきたぜ」

 そう言って、オルテガに一つの兜を手渡す。オルテガは片手でアレルを抱いて、それを受け取った。しかしこれは…何て言うか…。

「…なんだ?このダサい兜は…」

 オルテガが思わず顔をしかめてそう洩らすと、街人たちの端々から押し殺した苦笑いが聞こえてきた。その言葉に反応したギンとルイーダは、猛烈に反論する。

「ダサいとはどういう了見だ!遂に旅立つおめェの為に一生懸命、それはそれは一生懸命作ってやったってのによ!」

「そーよ!あたしだって一生懸命、それはそれは一生懸命手伝ったんだからね!」

 さっきまでのシリアスな空気はどこへやら。ギンとルイーダは涙目で訴えかける。その様子が可笑しかったのか、街人たちからは大きな笑い声が溢れていた。
 オルテガがふと視線を落とすと、マリアも涙で顔をくしゃくしゃにしながら笑っている。そしてアレルも、楽しそうに笑っていた。

「まあ、いくらダサくてもお前達が作ってくれたんなら有難く頂くとするか。よくよく見ればダサいはダサいなりに、結構防御力は高そうだしな」

「ダサいダサい連呼すんな!気に入らねェならおめェにはやらねェよ!」

「そーよそーよ!豪傑だか剛毛だか知らないけどね、昔からアンタには配慮ってもんが欠けてんのよ!」

 オルテガ達のそんなやり取りで、街人たちは爆笑の渦に巻き込まれた。
 親友たちと軽口を叩き合いながら、笑い声の中で旅立つ。そう、オルテガが望んでいたのはまさにこの旅立ちだった。

「ありがとう、お前達。これで心置きなく出発出来る。最後に話せてよかった」

「……バカヤロウ。今生の別れみたいな事言うなィ」

「……そうよ。生きて帰って来るんでしょ?」

 二人の傍らに、涙を拭ったマリアが毅然とした表情で立ち上がった。

「いってらっしゃい、あなた。私、待ってますから。あなたが帰ってくるまで、ずっとずっと、ずーーーーっと待ってますから」

 そう言ってマリアはとびきりの笑顔を見せた。その表情を見て、オルテガは今一度大きく頷いた。そしてアレルを手渡し、短い口づけを交わした。

「ありがとう。行って来る」

 それ以上何も語らず、決して後ろを振り向かず、オルテガはアリアハンを後にした。
 人々は彼の姿が見えなくなるまで歓声を送り続けた。
 オルテガの姿が見えなくなる頃、マリアの頬に再び一条の涙が流れた。そして、もう二度と見る事の叶わぬその後ろ姿に、二つの誓いを立てるのだった。

「あなた…。私、もう泣きませんから。それと、私一人でもこの子を…アレルをあなたに負けない位強い子に育て上げてみせますから。だから、必ず……必ず帰って来て下さいね」

 幼いアレルは、もう見えなくなった勇敢な父の姿をいつまでも目に焼き付けていた―――――





<あとがき>
DQⅢのオープニング、『オルテガの旅立ち』を書いてみました。多分に私個人の解釈が盛り込まれております故、反論意見なども多々あるかと思いますが、そこは長い目でみてやって下さい(笑)。
彼は結局大きな運命に勝てず、最後にはああなってしまう訳ですが、決して一人ではなかったんだと言う所を私は主張したかったのです。例えFC版のグラフィックが覆面パンツだったとしてもっ(苦笑)!!
これから続く『~6 years after~』にもお付き合い頂ければ幸いです。
[PR]
by araya-shiki | 2007-03-08 16:58 | Comments(8)

今回は雪夜くんと静流ちゃんが本領を発揮するお話(嘘は言っていない)。

いやっほう。どうも、新夜シキです。実は私……

寝ておりません。

いや~、彼女が寝させてくれな

…はい、これはせきな先生のギャグでしたね。

ついさっきまで仕事しておりました。昨日の夕方から今まで(AM5:00)です。死亡フラグが2,3本は楽勝です。その内マヂで倒れそうです。時間的な問題よりも、体内リズムの関係で。


そんな訳で(どんな訳だ?)、最後の力を振り絞ってHarmonical Melodyの『Episode 1 ~Stalking Rhapsody・後編~』をアップ致しました。お付き合い頂ければ幸いです。

今回は作中にあるギミックを施しました。ですので、ご本人様が読了コメントを下さるまではネタバレ禁止とさせて頂きます。ご本人が誰なのかは読めば分かります。その他の事でしたら幾らでも書いてくれて構いません。ご了承下さいませませ。

それでは、私はこれから寝ます。お休みなさい。コメント返しとブログ巡りは起きてからしますね。

こちらからどうぞ→Harmonical Melody


追記。左上の画像を大塚愛の書いたキャラクター『LOVE』に変更。このやる気のない目がいい感じ(笑)。
[PR]
by araya-shiki | 2007-02-25 06:23 | Comments(11)

『Episode 1 ~Stalking Rhapsody・前編~』

お待たせいたしました。本日『Harmonical Melody』の最新話

『Episode 1 ~Stalking Rhapsody・前編~』

をアップ致しました。

嘘は吐いていません。ただ、前後編に分かれていると言ってなかっただけです(にやり)。


ああっ!ゴメンなさい!別に無理やり分けてヒット数を稼ごうとしてる訳じゃないんですっ!調子に乗って書いてたら2つに分けた方がしっくりする量になってただけなんですっ!私だって本当はこんなに長くするつもりじゃなかったんですってば!
…まあでも、2つに分けてしまった以上、少しは間隔置かないと盛り上がらないし(笑)。後編もすぐにアップします。



で、内容ですが。まず気に留めておいて欲しい事が2つ。
①ギャグが減ります。格段に。
②シナリオのベタさ加減が跳ね上がります。

①の方はギャグ満載の短編(wosではなく、HM内での)をご用意いたしますので、我慢して下さい。
②の方は、『今作のサブタイトル+主人公が春奈』と言う2つの条件だけでシナリオを推理出来たそこの貴方、恐らくその推理は当たっています。それ位ベタです。

ま、あまり深く考えずにお読み下さいね。…受け入れて貰えるのかものっそい心配ですが…。お手柔らかに。

こちらからどうぞ→Harmonical Melody
[PR]
by araya-shiki | 2007-02-17 10:28 | Comments(6)

Work of SSS ①

File No.1 『届かなかった想い』    依頼人:芹沢和桜



「詳細をお聞かせ下さい」

 依頼を受けた雪夜と春奈は、クライアントと接触すべく、大学部のとある研究室を訪れた。
 依頼人の名は『芹沢和桜(せりざわかずお)』38歳。独身。大学部の助教授を務める男である。

「何でも『20年前の恋』をお探しだとか」

「ああ、そうなんだ。こんな事をキミたちに依頼するのは筋違いなのかも知れないが…」

 和桜は人の良さそうな顔を歪めて苦笑する。

「いえ、私共SSSは、全力でお手伝いさせて頂きますわ」

 春奈は極めて優しく丁寧な口調で声を掛ける。その笑顔を見て、和桜はポツポツと依頼内容を話し始めた。

 話は20年前に遡る。
 舞台はとある片田舎。当時高校生だった和桜には、共に将来を約束しあった同い年の女性・かすみがいた。
 かすみは心臓に重い疾患を抱えており、入退院を繰り返す辛い日々を送っていた。そんな時に、たまたま怪我をして病院に通っていた和桜と出会ったのだ。
 二人が逢瀬を重ねていたのは、病院の中庭にある大きな杉の木の袂。なかなか外出許可の下りないかすみにとって、和桜との逢瀬は生きる糧そのものだった。
 将来を誓い合い、たった一度きりの契りを交わしたその翌日、いつものように杉の木の袂を訪れた和桜。しかし、待てど暮らせどかすみは来ない。
 不審に思った和桜は、かすみの病室へ。だが、そこはもぬけの殻だった。
 居合わせた看護士を問い詰めると、ついこの日の早朝、疾患が悪化して遠くの大病院に搬送されたと言うのだ。
 当時高校生で稼ぎも無く、大学進学を控えていた和桜に、かすみを追い掛ける事は出来なかった。
 自分はただ勢いだけでかすみと将来を約束しただけなのではないか、こんな将来も確約されていない自分に、かすみを幸せにしてやれる事ができたのだろうか。そんな自問自答を繰り返すも、時間の流れは残酷に過ぎ去り、大学進学により上京した和桜にはかすみの消息は掴めなくなった。

 それから今年で20年。その間にも何度か恋をし、結婚も経験した和桜だったが、かすみの事が心の底に澱のように沈殿し、悉く上手くいかなかった。そんな気持ちにケリをつけたいのだと言う。

「別にかすみと縁りを戻したい訳じゃないんだ。ただ、彼女の消息が知りたい。私はそれだけ満足なんだ」

「病院の方には確認してみたんですか?」

「ああ。だが、彼女はその後も色々な病院を転々としていたようで、最後までは追えなかった。当時入院していた病院も、数年前に閉鎖してしまったよ。私が訪れた時には、あの時の杉だけが変わらずに立っていたなぁ」



「………と言う訳なんです」

 雪夜と春奈は、業務内容を所長の静流に報告していた。

「う~ん、デリケートな問題ね。心臓に疾患があったのなら、最悪のケースも想定しなくちゃいけないかも」

「そうなんですよね。出来れば悲しむ顔は見たくないんですけど……」

「だからって、嘘の報告をする訳にもいかないですしね……はぁ、どうしよっか、雪夜」

 三人は顔を見合わせる。暫く唸り声を上げていたが、やがて静流は諦めたように言った。

「仕方ないわ。唸ってても解決しない。取り敢えず調べてみてから決断しましょう。瑛理、よろしく」

「そう言うと思って今調べてるよ」

「さっすがトサカ先輩!」 「トサカちゃんカッコいい!」

「やかましい!トサカじゃねェ!」




 数日後のある休日。雪夜は和桜を伴って例の閉鎖された病院を訪れていた。

「雪夜くん、突然どうしたんだい?病院が見てみたいだなんて」

「いえ、深い意味はないんですよ。ただの結果報告です。へぇ、これがあの杉の木か。立派なものですね」

「結果報告……?」

 その時、別の方角から一人の女性を伴った春奈が歩いて来た。

「えっ…………?」

 和桜は目を疑った。それもその筈。春奈と共に歩いて来る女性は、若かりし日のかすみ、その人だったのだから。

「か、かすみ………?」

 女性は和桜を見とめると礼儀正しく一礼した。そんな仕草もかすみそっくりだ。
 和桜はたまらず駆け寄っていく。

「本当に………かすみ……なのか?」

 この20年間片時も忘れた事のない顔。その顔が今、現実として目の前にいる。
 が、しかし。



「ゴメンなさい。あたし、かすみじゃありません。あたしはかすみの娘のさくらです」



「えっ………………」

 和桜は再び絶句した。確かに娘ならこれ程似ていてもおかしくはないが……。それ以上に、かすみに娘がいた事に衝撃を覚えたのだ。

「えっと、芹沢和桜さんですよね?母から手紙を預かっています」

 和桜はさくらから、開封されていない一通の手紙を手渡された。宛名の欄には、懐かしいかすみの字で『和桜さんへ』と書かれている。混乱する頭をどうにか平静に保つよう努力しながら、和桜はおそるおそる手紙を開く。

『和桜さんへ。
貴方がこの手紙を読んでいる時、貴方の目の前にはさくらがいる事でしょう。さくらは間違いなく、私と貴方の娘です。本当は、私自身でその事を貴方に報告したかったのだけどね。貴方がこれを読んでいる時には、私はもうこの世にいないのです。』

 和桜は食い入るように手紙を貪り読む。まずは必死に文面を理解しようと努力する。そんな意思に反して、瞳からは涙が滲んできた。

『多分混乱されている事でしょうから、順を追って説明しますね。
貴方と別れた後、私はいくつかの病院を転々としました。そんな中で、私には赤ちゃんがいる事が分かったんです。私は真っ先に貴方に連絡を取ろうと思ったのですけど、貴方の大学進学とかがあったり、両親に反対されていたりした事もあってちょっと連絡出来なかったんです。でもどうしても貴方との子供を産みたかった私は病院から逃げて、人里離れた田舎で一人ひっそりとさくらを産みました。勿論『さくら』と言う名前は貴方の名前から取ったんですよ。さくらとの生活は、大変だったけど本当に楽しかった。勿論、隣に貴方が居ればもっと楽しかっただろう事は容易に想像出来たけど。』

 和桜の顔は、既に大きく歪んでいる。それでも、最愛の女性が書き綴った手紙を一字一句漏らさず刻み込もうと、懸命に涙が零れないように歯を食いしばった。

『だけど……そんな生活もそれほど長くは続かなかった。さくらが生まれてから暫く安定していた心臓の疾患が、再発したんです。さくらを親戚に預け、自分は治療に専念しましたが、もう手遅れでした。日に日に病状が悪化していくのが自分でも分かります。でも、貴方の事だけがどうしても心残りだった。だから貴方がこれを読んでくれる日を夢見て、今筆を取っている次第です。』

 和桜はどうにも涙を堪えきれなくなった。大粒の涙が頬を伝い、手紙に落ちる。

『私は幸せでした。貴方から両手じゃ抱え切れないほどの幸せを貰いました。私は貴方に幸せをあげる事は出来なかったけど…。あの時、貴方と出逢えた事は、余命短い私への神様からの贈り物だったのかも知れません。ううん、違うわね。私と貴方が出逢う事は、私達が生まれるずっと前から決められていた運命なのよ。…って、もう死んじゃう人間にそんな事言われても迷惑よね。貴方は私の事なんか忘れて、今大事に思っている人を精一杯愛してあげて?

遠い空のどこかで、あなたの幸せをいつまでも祈っています。  かすみより』



 和桜は地面に崩れ落ち、手紙を掻き抱いて咽び泣いた。かすみと別れたあの時から、決して流れなかった涙。それが、今は後から後から溢れ出てくる。最愛の女性がもうこの世にいない。どんなに逢いたくても、逢う事は叶わない。だがこの20年間、彼女と同じ気持ちで思い合っていたのだ。
 和桜を見守る雪夜も春奈もさくらも、皆涙を流していた。手紙の内容は分からなかったが、和桜の様子で何となく察したのだろう。
 雪夜と春奈は、何も言わずにそっとその場を立ち去った。

「あの……」

 和桜がそろそろ泣き止んできた頃、一人残ったさくらが和桜に声を掛けた。

「ああ、ゴメン。みっともない所を見せちゃったな」

「みっともないだなんて、そんな事ないです。……本当に母さんの事が好きだったんですね」

 和桜は苦笑する。そう言えば、この子は自分の血の繋がった娘なんだ。

「……正直、あたしは貴方を『父さん』と呼ぶのは躊躇われます。今まで母さんからいっぱい貴方の話は聞いてきましたけど。でも、貴方があたしの父さんだなんて、実感が湧かないんです」

「………そうだよね。今までほったらかしにしてきてしまったのだから、仕方が無い」

「でも………………」

 さくらはもじもじと下を向く。何か言いにくそうにしているようだ。

「あたしを………母さんの代わりに……抱き締めてもいいですよ?」

「――!」

「あ、あたしだって、女の子ですから……血が繋がっているとは言え、知らないおじさんに抱き締められるのはちょっと嫌ですけど…………。でも、母さんを思って流したその涙は………とても……キレイだったから………」

「………………ありがとう」





 二人を見守ってきた杉の木が、優しく風に揺れていた―――――
[PR]
by araya-shiki | 2007-02-08 13:20 | Comments(6)

『Harmonical Melody』

そろそろラノベ大戦も一段落したし、明日の更新はちょっと何時に出来るか分からないので、今日から私の自作小説を公開しようかなぁと思います。
実はこれ、ブログを立ち上げたのと同時くらいにはもう投稿してあったのですが、イヴやマテゴが発売する直前だった事もあり、少しタイミングが悪い気がしたので、今まで引っ張って来たのですが、もういいかな。

作品のタイトルは、『Harmonical Melody』です。果たしてHarmonicalと言う単語が成立するのかどうかは甚だ疑問の余地が残る所ですが、まあ『響き合う旋律』みたいなニュアンスで訳して頂けると。略称は『HM』で統一して下さると助かります。
色々考えた結果、デンパンでの公開と致しました。その方が何かと都合がいいので。


内容的な説明は本編に任せるとして、こちらでは概要的な説明をしたいと思います。


この物語には、7人の主要メンバーが存在します。

日坂 春奈 (ひさか はるな)
月影 理央 (つきかげ りお)
火咲 碧 (ひざき あおい)
水乃森 雪夜 (みずのもり ゆきや)
木ノ下 瞬 (きのした しゅん)
金音 静流 (かなみ しずる)
土笠 瑛理 (とかさ えいり)

ルーラー様のブログやHPに出入りしている方なら見覚えがあるかも知れませんが、ルーラー様の所に投稿したキャラクターをそのまま使っています。でもまあ、名前が同じだけで基本的には別人だとお考え下さい。
この7人がそれぞれ1回づつ主人公を執る形で7話、それに短編2話+最終話の全10話で構成されます。
現在公開されているのは『Episode 0 ~Prelude~』の1話のみ。主人公は水乃森雪夜くんが執っています。かなり設定説明に終始した内容となっております故、読んでいて疲れるかも知れませんが(苦笑)、その辺は第1話目と言う事でご了承を。
第2話はもう完成していますので、なるべく早くアップしたいと考えております。こーゆーのは小出しにしていかないとね♪

それでは、メニュー欄の『MY NOVEL』から『Harmonical Melody』をクリックすると私の小説に飛べますので、興味がある方は読んでみて下さい。

…ええと、本当に期待はしないで下さい(泣)。所詮バカが書いた駄文ですので。「タダならこんなもんか」位に思って頂けたら幸いです。皆様に受け入れられるかどうかはさっぱり予想がつきません。ああ、細音さん、貴方の気持ちが少し分かりましたよ(レベルはかなり違うが)。

感想(賛否問わず)、指摘、質問等ございましたら、お気軽にコメントして下さい。
[PR]
by araya-shiki | 2007-01-27 11:42 | Comments(8)
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31