BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

タグ:創作小説 ( 125 ) タグの人気記事

抑えきれずに走り出した ねがいは加速してゆく。

……さて、遂にやっちまいました、前回の記事で宣言した通り応募用に執筆してきた夕凪の過去作を『なろう』の方に投稿という暴挙。もう前言撤回って何度目だろうか? とは言え、これでまた更にもう一つ連載が増えてしまったという異常事態を噛み締めつつ、「どんな感想が入るのかしら? 新夜、ドキがムネムネしちゃう!」と奇妙奇天烈極まりないテンションでキレイにK点越えと相成りました新夜詩希でございます。あと一週間しかねぇぇぇ!!

今作のタイトルは『夜奏の瞳 -Dance With The Killing Nightmare-』と言います。はい、以前のブログでは色々と仮タイトルを言って来ましたが、結局こんな感じに落ち着きました。もうね、変更が激しすぎて今までどんな事口走ってたか忘れちまったィ。取り敢えず、スタイリッシュな中二臭を醸し出せればいいんじゃないかと思う訳ですよ、コレが。

こちらでは今まで3話ほど炙り出しで公開して来ましたが、まだ読んでない方の為に軽く説明をば。……も何も、桃の二年前(中学二年時)のお話ってだけで特に解説する事もないのですが。『夕凪』と『夜奏』は同じ世界観ですが、直接的なリンクはあんまりありませんし、片方しか読んでないから意味が通じないって事もありません。後々「あー、コレがこうなるのかー」ぐらいのもんでしょう。あんまり難しく考えないで大丈夫です。そもそも私が難しい話苦手だからモーマンタイモーマンタイ。

それでは、読みたい方はこちらから→夜奏の瞳 -Dance With The Killing Nightmare-

感想・誤字脱字報告等ございましたら、是非に是非に。……それより続きと他の連載をとっとと書けという話。すまぬ……すまぬ……!



web拍手を送る
静謐に 耳を澄ませて 身を浸し 己が深層 曝し給えよ。
[PR]
by araya-shiki | 2012-10-13 12:40 | 新作小説 | Comments(0)

見当違いのふざけた理想 灰になればいい。

さて、7月ですし新作の最新話も一応完成しましたし、例によって例の如くMore&炙り出しにて公開しようかと思います。応募作『夕凪少女は二度笑う(仮)』の第三話。今回は前話二つと雰囲気がガラリ変わってコメディです。主要キャラも二人投入。これが桃の中学時代の日常風景、と言った趣のお話です。……まあ、若干の引きはありますけどね。

今回も前例に漏れず暫く公開したら消します。なので読みたい方はお早めに。そして読んだ方は非公開コメントにて報告をお願いします。感想書けとまでは言いません。毎回二人くらいしか報告してくれないのですけど、多分もっと読んでる人はいるはず。こっちゃレポートで逐一確認してんだYO! 心当たりのある方は是非ご報告を。

……いい加減、正式タイトルも考えないとなぁ。いつまでも(仮)付けとくのもどうかと思うし。桃が『夕凪』であるのは高校時代の話だし。何かいいのが降りて来ないかにゃぁ。

当初の予定ではこの回で公開終了にしようかと思ってましたが、もしかしたら公開は続ける……かも。それはまあ、物語がもうちょい核心に近付くあたりまで書けたら考えようかと思います。所詮まだ導入部だしねー。

それでは、どうぞ。


※7/6 公開は終了しました。ご了承くださいませませ。

web拍手を送る
[PR]
by araya-shiki | 2012-07-01 19:50 | Comments(2)

どうかお願い 驚かないで聞いてよ 私のこの想いを。

よし、ほにゃらば応募作の第2話公開だ! 特に需要はないだろうがねっ!
まあいいのです。第1話も少し反応貰えましたし、つーか実際問題公開しちゃいけない類の小説ですし。って訳で、これも暫く公開したら消しますので、ご了承を。

『夕凪少女は二度笑う(仮)』の第2話をMore以下、反転にて公開いたします。読みたい方はPCで閲覧の上、炙り出して下さい。読み辛くて申し訳ないとは思っておりますが、何卒ご理解を。

今話はちと閲覧注意です。レーティング的にはR-15ってトコでしょうが、エロ描写とグロ描写が両方入っております。そしていい具合に狂った仕上がりとなっております。苦手な方はご遠慮下さい。まあその辺好きな人はもしかしたら物足りなく思うかも知れませんが……。ファンタジアや電撃辺りに応募していたら間違いなくアウトでしょうが、まあ講談社BOXなら大丈夫だろうとのテキトー采配です。そんなもんです、新夜なんて。伝奇はエロいのですよふふふのふ。

前回同様、読んだ方は鍵付きでコメントしてください。報告だけで結構です。お願いしますね。

それでは、どうぞ。


3/6 ※公開は終了しました。ご了承下さいな。


web拍手を送る
[PR]
by araya-shiki | 2012-02-28 19:23 | Comments(4)

逃れないloser 勝利を掴め。

何となく、ですが。今書いている小説を晒して反応を見てみたくなったので、ここにアップしてみます。

以前記事にした講談社BOXの応募用小説でして、体調不良と闘いながらやっとこさ1話目が書き終わったので、ちょっとジャブがてら晒してみて、出来る事なら意見を聞いてみようかと思います。

タイトルはまだ正式決定ではないのですけど、『夕凪少女は二度笑う』と言います。今後タイトル変える可能性は大。内容は伝奇バトルもの。しょっぱなからバトルって、私には珍しいかも。設定は……まあ読んでみて下され。

一応応募作として考えているものなので、Moreにした上に炙り出しにしてあります。従って携帯では読めないかと。暫くしたら消すかも知れませんので、読んでみたい方はPCでお願いしますね。読んだ人は鍵つきでコメント下さい。感想は無理に入れて下さらなくても結構ですが、報告は出来るだけして下さい。後で編纂しやすいように台詞などはいつもみたいに一行空けたりしてませんので、少し読みづらいかもです。

その辺を踏まえた上で、読みたい方はどうぞ。




2/21 ※公開は終了いたしました。ご了承ください。


web拍手を送る
[PR]
by araya-shiki | 2012-02-15 16:15 | Comments(3)

降臨、近寄るな危険 道を空けてくれ。

……え~っと……遅ればせながら

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

というか、お久しぶりです。結局12月は更新しませんでしたね……。こんな体たらくでいいのだろうか……。いやダメだろ私。今日も既に4日ですし。明日から仕事ですよ。今まで何やってたんでしょうか。自分でもよく分かりません。あ、年跨ぎのチャットには何気に参加しましたけどね。

一応喪中なのであんまり大手を振って新年の挨拶をする訳にはいかない身分なのですが、まあある意味現実と隔離された空間なので良しとしましょう(マテ)。改めて、去年はお世話になりました。今年も宜しくお願いします。

さて、毎年恒例の書初め……と行きたい所ではありますが、前述通り12月に一切更新しませんでしたので、創作ブログらしく去年書いた創作物の総括くらいはしておこうと思います。公開しといて解説も告知もしてないものが結構ありますしね。
ではどうぞ。


Harmonical Melody【HM/short short ~夏日に咲いた灯火を~】
幼馴染……それは綺羅びやかな出逢いと雅で甘美な思い出に染められた大切にして不可欠な存在であり、互いの手を取り合い共に支え合い、約束の未来へと進み苦楽を分け合う掛け替えの無い特別なパートナー……のはず。《完結》 【悲嘆渦巻くブレイクファースト】【類友集まるクラスルーム】【揺らぎ昂るコンセントレーション】【零れ砕けるメンタリティ】【在りし過去とのエンカウント】【心に小さなスイートペイン】【願いと希望のエピローグ】
夕凪と闇夜の咲く場所で【対決された第三話】 <壱>【対決された第三話】 <弐>【対決された第三話】 <参>【対決された第三話】 <四>
Legend of beginning Dragon Quest Ⅲ 《Mighty Blue》【邂逅する運命】【闇より生まれし絶対悪】
たった一度のラブレター(400字小説)
遠い記憶(200字小説)
詩集【森】【山】【丘】【魔法】【レプリカ】【川】


全7作22話。……何かこう書くと結構書いてんなという印象を持ちますが、それは多分気のせい。そもそも詩はたった6作しか作ってませんしねー(汗)。あ、短歌でしたらツイッターで山のように(ry
去年の収穫と言えば『幼馴染』が無事完結した事くらいでしょうかね。それ以外は割りとグダグダ。HMに関しては苦し紛れの更新が一本あるものの、本編は全く進んでませんし。もう放置が2年に迫る勢い……これは本当にマズイ。

まあ去年は色々ありすぎましたので……と言い訳を一つ。今年はもうちょっと頑張ります。……というだけ言っておきます(またそれかテメエ)。今日はもう幾つかブログ書きましょうかね。



web拍手を送る
回るように廻るように周るように 時を刻んで先へ進んで。
[PR]
by araya-shiki | 2012-01-04 18:04 | Comments(0)

きっとこの世界の共通言語は 英語じゃなくて笑顔だと思う。

はい、お久しぶりです。とてもとてもお久しぶりです。もうツイッターで絡んでない人以外には存在自体忘れられているのではないかと思うのですが、めげずに更新します。そもそも観てる人いるんだろうか……。か、悲しくないもんっ!

……という意味不明のノリはさて置き。

既に3日ほど前の話ですが、幼馴染を更新いたしました。そしてこの更新を以て無事完結いたしました。ツイッターでは当日に告知したのでもう読み終わった方もいるやも知れませんが、こちらでは全く報告していませんでしたので。……もうここが創作物更新報告所みたいになっているのが悲しひ……。このブログの存在意義って一体何なんでしょうね。

まあ定例なので、あとがきでも書きましょうか。まだ読んでない人はこちら→幼馴染……それは綺羅びやかな出逢いと雅で甘美な思い出に染められた大切にして不可欠な存在であり、互いの手を取り合い共に支え合い、約束の未来へと進み苦楽を分け合う掛け替えの無い特別なパートナー……のはず。

以下、ネタバレ注意
[PR]
by araya-shiki | 2011-11-27 19:56 | Comments(0)

激しく気高き美学で。

……一度記事が消えてしまったのですが、めげずにもう一度書いてます。くそう。

さて、小説を更新したらすぐに記事も書くつもりでいましたが、結局延ばし延ばしでそろそろ1週間になってしまうので、頑張って解説記事を書きます。ええ、記事が1回消えたくらいじゃ泣きませんっ!

……とはいえ、ここ数日私の住む新潟では観測史上最大級の豪雨に見舞われていまして。私の家の近くの川も氾濫しまくって避難勧告とか出ましたし、タダでさえ片道1時間掛かる通勤も峠が軒並み通れなかった所為で2時間以上掛けて帰って来たりともう大変でした。私の家自体は大した被害がなかったのが救いと言えば救い。……でも未だにAT-Xだけ映らないのは何故だろう……? 他のチャンネルは全部映るのに。お陰でシュタゲもロウきゅーぶもクロワーゼもバカテスも観れてない……。リピート放送までには復旧して。

そんな前置きはさて置いて。

そんな訳で、『幼馴染』の最新話【類友集まるクラスルーム】を更新しましたのでその解説をば。読みたい方・まだ読んでない方はこちらから→幼馴染……それは綺羅びやかな出逢いと雅で甘美な思い出に染められた大切にして不可欠な存在であり、互いの手を取り合い共に支え合い、約束の未来へと進み苦楽を分け合う掛け替えの無い特別なパートナー……のはず。

以下はネタバレ解説の為More設定。読んでから開いて下さいな。

More
[PR]
by araya-shiki | 2011-07-30 23:00 | Comments(2)

そんなハズじゃなかったなら どんなハズだって言うの。

お久しぶりですm(__)m

ツイッターではちょいちょい呟いてましたが、見てない人にはそろそろ忘れられている頃かと思います。どうも、数ヶ月ぶりにまともな記事を書いてます怠惰の権化こと新夜詩希でございます。

ブログ更新してなかった間何をしていたのかと問われましても、それは私とて一人の人間であります故、それなりにおこがましくも思い返せる事は多数ございます。それこそブログ2~3記事では足りぬ程に。その辺りはツイッターにて代えさせて頂くと共に、私自身は無病息災で過ごしていた事だけはお伝えしておきます。ま、とどのつまり色々ありすぎて書くのが面倒だという事(ry

それはさておき。

何故今になってブログを復活させたかと申しますと、やるゲームがなくなったかr 一応連載小説を更新させた故のご報告と致しまして記事を書かさせて頂いております。本日『なろう』の方で更新したのは『幼馴染』の第4話。3話更新した時点で放置する事早8ヶ月、去年中に書き終わるとの強言は一体何処へとのツッコミもございましょう。ブログ更新をストップしておいて、7ヶ月で合計12000字程度しか執筆出来ていないとは是如何に。私自身、呵責と猛省に苛まれておる所存でございます。本当に申し訳ありません。私に小説を書く資格があるのでしょうか?

などと言うネガティブ展開は兎も角。

幼馴染はまだ完成してません。明日更新する5話目を以てようやく日常部分が終わると言った所でしょうか。そこから先は……まあなるべく近い内に取り掛かろうとは思っておりますが、いい加減他の連載物手を着けねば、と言った感じですのであまり催促はなさらずのんびりとお待ち頂ければ幸いです。


それでは、読みたい方はこちらから→幼馴染……それは綺羅びやかな出逢いと雅で甘美な思い出に染められた大切にして不可欠な存在であり、互いの手を取り合い共に支え合い、約束の未来へと進み苦楽を分け合う掛け替えの無い特別なパートナー……のはず。

最近ようやく執筆モチベが頭を擡げて来た所ではありますが、如何せん本業が忙しく且つマイパソ子の機嫌が悪いという二重苦。本気で執筆用ノーパソの購入を考えている所です。ボーナスが然るべき金額に到達したら検討してみようかと。

ブログの方は完全復活とはまだ参りませんが、時間を見つけて少しずつ更新して行こうかと思っております。またお相手して下さると嬉しいです。

……さて、どの程度の人が更新に気付いてくれるか、それが問題だ。



web拍手を送る
夏空に 舞い降り揺れた 風の音に 思いを乗せて 君に届けて。
[PR]
by araya-shiki | 2011-07-23 16:59 | Comments(2)

HM/short short ~夏日に咲いた灯火を~

「……久しぶりだな、碧」

「……はい」

「その……元気だったか?」

「……はい。この2年、大した病気もせずに無事過ごして来ました」

「………そうか」

「……………」

「本当に……すまなかった」

「か、顔を上げて下さい。周りの人が見てます……」

「こんなに長い間、お前をほったらかしてしまって……父親失格だな」

「そんな………」

「この程度の事で許されるとは思っていないが……これからはきっと、心を入れ替えて……」

「………私」

「えっ?」

「私、今とても幸せです。毎日が充実してます。勿論、私一人の力で得たものではないですけれど」

「……………」

「大切な人達がいます。大好きな友達がいます。たくさんの思い出があります。ここには……私の居場所があります。それはアメリカにいた時には想像も出来ないような奇跡で。この学園に来てから、初めて知った感情でした」

「碧……」

「私、この学園に入れてよかった。皆さんに出会えて、そして支えてもらえなければ、私は未だに自分の殻に閉じこもったままだったでしょう。この学園に入れるようにして下さって感謝しています。……その、『お父さん』」

「……! 俺を……こんな不甲斐ない俺を今でも父と呼んでくれるのか、碧……?」

「当たり前です。私にとってのお父さんはお父さんしかいませんよ」

「………。『親はなくとも子は育つ』、か……」

「えっ?」

「良い顔をするようになったな。俺では眩しくて真っ直ぐに見れない程、笑顔が似合う女の子になった。昔の母さんそっくりだよ」

「……お母さん……」

「フフフ、お前は殆ど記憶にないだろうがね。……ああ、そうか。随分印象が違うと思っていたが、眼鏡を替えたんだな。昔はそんな派手めな眼鏡、絶対に選ぼうとしなかっただろうに」

「あっ、これは……友達が私に選んでくれて……」

「ほう、そうか。……フフフ、その友達は凄く碧の事を見ているんだな。でなければここまで似合う眼鏡を探し出す事なんて出来ない」

「この眼鏡、私に似合いますか……?」

「ああ、とてもよく似合っているよ。もうそれじゃなきゃ碧じゃないくらいにね」

「あ、ありがとうございます。……フフフ、似合うかあ……嬉しいな。えへへ……」

「……本当に変わったな。いや、成長したと言うべきか。余程良い出会いに恵まれたと見える。お前のその明るくなった表情一つ一つを見る度に、何でもっと早くから傍にいてやらなかったのかと悔やまれるよ。……本当、俺はバカだった」

「これからは……これからは一緒に居れるじゃないですか。悔やんだ事は忘れずに、これからをより良いようにして行こうと努力すれば、必ず道は開けますよ」

「……そうだな。その通りだ。……フフフ、まさか娘に諭される日が来ようとは、俺も歳を取る訳だ」

「……私の尊敬する先輩からの受け売りですけどね。あっ、それじゃあ今から、私の大切な人達を紹介します。事務所に行きましょう」

「お、おい碧!?」

「ほーら、早く付いて来ないと置いて行っちゃいますよお父さーん!」

「ま、待ってくれ碧ー! ……全く、明るくなったのはいいが、別人みたいでドキドキするよ。だが良かった、碧が幸せそうで。その成長が見れただけでも、日本に帰って来た意味があるというものだ。……俺はもう間違えない。大切なものは手放さない。……フフフ、この歳になってようやく気付けるとは。俺もまだまだだな。おい、待ってくれって碧ー!!」





「……ところで、親子なのに敬語なのはどうしてだ?」

「どうしてと言われても……私は誰に対しても敬語ですし……」

「どうせならその勢いで『お父様』とか呼んで欲し……」

「……今すぐアメリカに帰って下さい……」



web拍手を送る
愛しき涙に微笑みを 哀しき涙にさよならを。
[PR]
by araya-shiki | 2011-04-16 12:59 | Comments(0)

更新停止中ですが。

こちらではお久しぶりです、新夜です。

この度、なろうの方で『夕凪と闇夜の咲く場所で』の最新話【対決された第三話】を更新いたしました。
……『何空気読めない事やってんだよ』とお叱りを受けそうですが……今回はひたすらギャグでして、私の駄文で被災した方々に少しでも笑顔を取り戻して貰えないかと思いまして。私自身も震度6弱などを喰らいまして、日々寝不足でございます。まだ連絡の取れていない友達もいます。ブログメンバーもまだ安否確認出来てない人もいますし。精神的にもキツイです。

だからこそ、私の小説で少しでも嫌な事を忘れられる時間を提供出来たらと思い、まだ3話自体は未完成ですが<壱>だけ更新いたしました。なろうに行けば読めますが、読みやすいようにmore設定でここにも投稿しておきます。

感想を頂ければそれもまた安否確認になりましょう。伝言板のような使い方も可です。兎にも角にも、未だ予断を許さない状況ですが、お互いに頑張りましょう。

読んで下さる方に、ほんの僅かでも笑顔が戻りますように。

夕凪と闇夜の咲く場所で【対決された第三話】<壱>
[PR]
by araya-shiki | 2011-03-13 13:00 | Comments(2)
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31