BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

ねえ教えて 大事なものほど力や魔法じゃ掴めないの?

麻生円香「そんな訳で、ボケ作者のブログ『BE THERE』は遂に3000コメント到達しましてよ~♪」

ミッシェル権八「ふむ。積もり積もって3000か。私の活躍が描かれなくなって久しいが、その辺は取り敢えずうっちゃって今日だけは素直に祝ってやろう」

土笠瑛理「ま、別に作者のお陰でも何でもねェんだけどな。これも全部こんな僻地にあるくだらねェブログに毎日コメントしてくれる閲覧者のお陰だ。作者に代わって礼を言うぜ。ホントにありがとう。因みに3000番目のキリ番を踏んだのは………ん?『araya-shiki』?」

円「………2000に続き3000も自爆ですの……。不幸すぎますわね、あのボケ作者……」

権「素晴らしい。素晴らしいぞ。ヤツこそ真のアミーゴだ」

瑛「…意味が分からん。さて、挨拶(?)も無事(?)済んだトコで早速疑問なんだが」

円「ええ、わたくしもさっきから気になっておりましたの」

瑛「お、そうか。そりゃそうだよな。このメンツに一体どんな共通点が………」

円「何故ここに理央様がいらっしゃらないのかしらっ!?わたくしと言ったら理央様と、このあたりは当然のテンプレートでしょう!?嗚呼、せめて火咲さんでもいらっしゃればネチネチ弄くって遊べるというのにっ!こんな関係ない人達と一緒にされるなんて心外ですわっ!!」

瑛「……そもそもキレる前提が間違ってる気がするが……何かテンション高いとウチの所長んトコの某現実逃避猫と口調が区別付かなくなるからちょっと気をつけた方がいいんじゃねェか?」

円「……そう致しましょう。わたくしも今自分で何となくそう思いましてよ……」

権「で、ここにその辺の謎が解き明かされるであろう作者(新夜)が置いて行ったと思しきものっそい胡散臭い手紙が一丁、『読めやバカ共』と言わんばかりの態度でこれ見よがしに鎮座しているのだが」

瑛「……自爆したアイツにバカ呼ばわりされる謂れはねェと思うが……とにかく、そいつを読んでみない事には疑問は解けそうにねェしな」

円「それじゃあ権八さん、読んで下さらないかしら?」

権「ふむ、では心して。『3000コメント記念キャラブログに選ばれし犬3匹よ。ご苦労さん。私がブログマスターの新夜だ。まずは頭が高いからもっと平伏せ。特に瑛理』」

瑛「うん、取り敢えず誰かライター持って来い。これは続きを読むまでもなく不幸の手紙だ」

円「別に気にしなくていいのではなくて?どうせ手紙なら一方通行なのですし」

権「『私はとにかく、DQ9がDSで発売するという事実が気に食わん。しかも何だあのテキトーな画質。SFC程度のクオリティしかないぞ、アレ。あんなので和田社長はよく1000万本くらい売れるかもとかのたまえたもんだなぁオイ』」

瑛「…………………」

円「……やっぱり土笠先輩の判断は正しかったようですわね……。これでもかって程関係ないネタを持って来るあたり、流石というかやっぱりと言うか所詮アレと言うか……。理央様がいればライターは確保出来たでしょうに」

権「『ハリウッド制作の実写版ドラゴンボールもかなりの地雷ものだと思うぞ。あれはアニメだから面白いのであって、実写にしたら良さの100000分の1も伝わらないだろ。北斗の拳実写版と同じ末路を辿る事請け合いだな。ブルマ役のコはかなり可愛かったが』」

円「………………」

瑛「で、この駄文はいつまで続きやがるんだ?これで終わったらマジ承知しねェぞ、あのダメ作者」

権「『あ、瑛理テメエ、今ダメ作者って言っただろう。犬のくせに』」

瑛「はあ!?何で今手紙に突っ込まれた俺!?」

権「『フン、お前の言動などお見通しだ。私を誰だと心得る。神たる作者の力をナメんなよ。まあいい。私の中で瑛理の評価がまた下がるだけの話だからな。これに懲りたらもっと大人しくする事だ、犬』」

円「……権八さん、貴方手紙を読んでいるのではなくて、自分で考えて話しているでしょう?」

権「失礼な。私はそんな無体な事なんて考えてはいないぞ。誓って本当に手紙を読んでいるだけだ。では続きを読むぞ。『ところで、今頃お前らは集められたメンバーの共通点が分からないとか言い合っているんだろう。お前らは本当に気付いてないアレなのか?それとも気付いていながらそれを認めたくないのか?どっちなんだ?おお?犬共よ』」

瑛「……………………」

円「と、土笠先輩っ!落ち着いて下さいませ!ここでキレたらヤツの思うツボですわっ!」

権「『仕方ない。アレなお前らの為に少しヒントをやろう。今年の1月24日の記事を観て、何か思う事はないか?』」

瑛「……1月24日?」

円「……何やらものっそい嫌な予感が致しますけど……」

権「『そう、お前らはかの<第一回全次元統一総合人気投票>において0票枠を勝ち取った選りすぐりの猛者の中から更に選出された、言わば負け犬選抜………』」



瑛&円「それ以上読むなぁぁぁーーーーー!!!



(瑛理と円香、権八から手紙を奪い取ってビリビリに破く)

権「…と言われても、要点の99%はもう伝わってしまった気がするが」

瑛「何でアイツはこんなイヤミなタイミングで俺らの黒歴史を掘り返して来んだよ!?せっかく忘れかけてたってのに!!」

円「さっきからわたくし達の事を犬呼ばわりしていたのはこの事だったんですのね……。ですがわたくしは、今もう一度人気投票をやれば確実に0票なんて事はないはずですわよ。あれから今までの間にわたくしと理央様が大いに活躍した『HM/Interlude』がありましたもの。あの時とは状況が違いましてよ。お~っほっほっほ♪」

権「だが事実は事実だろう?暫く人気投票をやる予定はないそうだから、いくら見栄を張った所で結果は覆らない。しかもその言い分はあくまで希望的観測に過ぎぬ」

円「いちいち五月蝿いですわねっ!貴方は今やり直してもどうせまた0票でしょうにっ!!」

瑛「…それはそうと、あんまり関係ないんだが権八さん……だっけ?アンタ一体何者なんだ?やたらと日本語が堪能だが」

権「…ん?私か?そうだな、普段はミステリアスを売りにしている為明かさないが、お前達には特別に教えてやろう。父はパラグアイ人、母はペルー人、生まれはフランス、育ちはイタリア、趣味は詩吟と瞑想といいとも鑑賞、全世界を股に掛けるニヒルで愉快な流浪の民、『脳内ツッコミ野郎』こと『フランス生まれのニクイヤツ』こと『ローキックの鬼』こと『伝説のゴッドハンド』こと『炎の転校生』こと『破壊神の代行者』こと『絶妙なチラリズム』こと『ふ…オレに惚れると火傷すんぜ』こと『嫌いなものはトマト…とか言うと、可愛いんじゃないかと思ってます』こと『漢の中の漢』、ミッシェル権八だ。私の事は今後『ミッちょん』と呼んでくれて構わないぞ」

円「…………誰も呼ばないと思いますわ…………」

瑛「……あー……要するに深く関わると後戻り出来なくなる系の人種か、アンタ」

権「私のヴィジュアルは……そうだな、『カルロスさん』という人物を思い浮かべて出て来た人の顔が大体一致する。そんな感じだ」

円「ミステリアスが売りとか仰ってる割に、結構ノリノリですわねこの方……」

瑛「まあミステリアスなのは間違いじゃねェとは思うな。ただしこの場合『カオスすぎて』という枕詞が付くが。……さて、これからどうするよ。なんかネタでも………」

権「ふ……世迷言を。話題逸らしもいい加減見苦しいぞ。お前とて分かっているのだろう?」

瑛「な……何の話だ……?」

円「そうですわよ。話を逸らして現実から目を背けるよりも、きっちり受け止めて今後の対策を協議する方が建設的なのではなくて?」

瑛「うっ……」

権「かなり昔に書かれた企画モノの出演者である私、当時は出たての新キャラであり扱い的には脇役の円香ならばともかく、お前は作者の代表作のメインキャラ、しかもそれなりの活躍をしていたにも関わらず私達と同じ0票枠に入ってしまったのだぞ。言うまでもなくSSSメンバーの中では最下位。あの綾辻夕人や金音大五郎よりも下という順位になってしまったのだぞ。どう考えた所で私達よりも状況的に危ういのは自明の理であろう?」

瑛「そ…それは全部作者が俺に明確な活躍の場を与えなかった為で……」

円「ほぼ同じ状況の木ノ下さんでさえ2票獲得しておりますわよね。そんな事言い訳になりまして?」



瑛「う…うわぁぁぁぁぁぁん!!



(瑛理、逃走)

円「……少しイジメすぎましたかしら……?」

権「よもや泣いて逃げるとは……。あの結果はよほどショックだったと見える。彼の事はしばしそっとしておいてやるのが人の道。見事這い上がってみせよ、瑛理」



 果たして瑛理に光明が差す日は来るのだろうか。それは神(作者)のみぞ知るのである。嗚呼、トサカに幸あれ………!
[PR]
by araya-shiki | 2008-05-27 14:28
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30