BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

キャラ解説②

キャラ解説第2弾。今回は『月影理央』『アレル』『ゼイアス』の3人を特集。

<月影理央>
キャラ原型としては、外見は『NANA』のタクミ、中身は同じくレンだったりするのですが……『NANA』読んだ事ない人には伝わりませんよね。まあ基本、『イケメン』『キザ』『天才ギタリスト』あたりがキーワードになるキャラだとお考え下さいな。実際は天才とまではいかないのですが、周りには自分でそう見せている訳で。そう見せる為にはそれなりの実力がなきゃいけないので、それはもう陰で必死に練習してたりするのです。片や雪夜は本物の天才ボーカリストだったりするので、本当はちょっと雪夜の実力に憧れている部分などもあったりします。一応二人の出会いも書こうかなぁ~とは思っているのですが……かなり後の話になりそうなので、期待せずにお待ち下さいな(汗)。
碧との関係は、前に碧の所でも書きましたが若干複雑でして。理央自身が割りとナンパな性格なもので、ファンクラブの存在が大きなネックとなっているようです。バンドを始めてその内に女の子のファンが出来始め、その子達に甘い言葉を掛けてしまったが為に拍車が掛かり、暴走が暴走を呼んで現在の『月夜の詠会』が出来た訳です。フェミニストである理央はその連中に強く言えず、結果容認するしかなくなった、と。かと言って迷惑かと言えばそうでもないというなかなかに複雑な状況。そんなこんなで、理央はファンの前では猫を被る事にしたのです。本心はぼかして(隠している訳ではない)王子様風味に取り繕い、皆に満遍なく優しく接する。本当に一番好きな碧に危害が及ばないようにする効果も付随している訳ですね。だからSSSメンバーとファン(円香を除く)とでは喋り口調が違う(バレンタイン短編やFile2参照)のです。無論素なのは前者の方ですが。

<アレル>
最初に注釈しておきますが、私がDQ3のキャラを語るのは『6 years after』の設定、もしくは私が本編で書こうと思っていた設定です。ルーラー様が現在書いているものとは主だった関係はありませんので、混濁しないようお願いします。
アレルのキャラ原型は特にいません。とにかくひたすらいい子で、天才肌の勇者様ですね。全盛期(ゾーマを倒すあたり?)で比べると、オルテガやゼイアスよりも強いです。まあ物語で言えば精霊ルビスの加護云々とかも多少関係してきたりするのですが、その辺はうっちゃって、才能的な面で言えば、という事です。魔法剣の扱いに関しては特に。まあその辺はルーラー様に任せるとしまして、性格は真面目で常識人。パーティのツッコミ役にしようと思っていた訳ですし。まあその性格故、世界各地でやっかい事に巻き込まれてしまうのですが…それは今はなき別のお話。
リザとの関係は殆ど雪夜と春奈のそれと同じです。まあ私がHMの前に書いた話ですから。…ってー事は、元々私はあのような恋愛体形が書きたかった事になりますね(苦笑)。ただアレルの場合はツンデレなのではなく、『バラモスを倒す』とか『世界を救う』とか『オルテガを見つける』といった事が先行してしまっている為、リザのアプローチを上手く受け止めたり受け流したり出来ないのです。だから雪夜とは違う意味で、リザのやりたいようにやらせている訳ですね。嗚呼、アレルの旅に、原作者(私)の加護があらん事を……!

<ゼイアス>
おじいちゃんです。始まりの勇者様です。世界で一番初めに魔法剣を考案し、当時唯一の使い手(後にオルテガとアレルも使えるようになる)として世界を救った大人物。でも今はただの孫バカ(笑)。原作に登場しないこのキャラを何故作ろうかと思ったのか、まあそれは最初ただの思い付きなんですけどね(苦笑)。ほら、DQ3にもちゃんとおじいちゃんが出てくる(勇者が目覚めた部屋の隣の部屋にいる)でしょう?息子も孫も勇者として旅立ってるのに、アンタは一体何をしたの?という個人的なツッコミから生まれたキャラでして。つーかじいちゃんだけ一般人なのは逆にちと不自然じゃないか、という事でヤツも勇者だった事にしたのです。まあその設定があったお陰でアレルが10年間修行が出来たり、魔法剣という設定が出来たりもしたのですけど。閃きに感謝。
で、ゼイアスが世界を救った時の物語を書こうと思っていたのですけど…否、今も思っているのですけど、今はホントに時間がない上、書かなきゃいけないものが多すぎる為に、どうしても後回しにせざるを得ないのが辛い所です。むう、何とかならんか……。


……またも思いの他長くなってしまった……。やっぱり一度書き始めるとあれもこれもと書いちゃうので、長くなってしまうのは仕方がない事なのかしらん?まあ書いてて楽しいですけど。
さて、次は誰を書こうかな。




追記。ゾロ目番コメントゲット報告。

2727→新夜シキ

………………もうええっちゅーねん……………orz
[PR]
by araya-shiki | 2008-03-21 18:00 | Comments(3)
Commented by ラット at 2008-03-21 22:00 x
なんだか、いろいろあるんですねぇ……。てか、理央って随分と苦労人なんですね。ギタリストとしても、対人面としても。
アレルは本当に主人公らしい主人公って感じですね。こう、真っ直ぐすぎて鈍感……。
ゼイアス……グッジョブ(笑) そしてキリ番は……。
Commented by ru-raa at 2008-03-22 15:22
やはりドラクエⅢメンバーにも設定が色々とあったんですね。
変な風に捻じ曲げてしまっていなければいいのですが……。
あ、ゼイアスの話をやるのだとしたら、それがいつになっても、可能な限り設定をリンクさせていこうと思っています。
それでは。
Commented by araya-shiki at 2008-03-22 18:45
>ラット様
理央についてはちょっと早く解説しないとなぁとは思っていたのです。まだ彼の生い立ち云々に関してはあまり突っ込んだ所まで語れないのが苦しいのですけど。
アレルは…まあ純正培養ですから(笑)。培養したのはゼイアスとマリアですけど(笑)。

>ルーラー様
こっちの設定はあまりお気になさらず。もうルーラー様に全てを委ねてますから。…世間ではそれを丸投げといいますが(苦笑)。
ゼイアスの話は…もうホント、書けるかどうかさえ分かりませんので、こちらもあんまり気にしないで下さい(汗)。
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30