BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

いつでも君の笑顔に揺れて、太陽のように強く咲いていたい。

はい、そんな訳でアンケートの集計です~。お答えくださった方々に多大なる感謝を。ありがとうございました!自分で自分の作品の『名シーン』とか、かなり図々しく且つおこがましい感じでしたけど(苦笑)、回答があって嬉しかったです。しかも中には『HM自体が神』だとか『絞り込むのが大変だった』などむしろこっちが萎縮してしまうほどのご意見も。……ホントにゴメンなさい。何つーか、ゴメンなさい。

それでは、選ばれた場面を順に解説して行きたいと思います~。

・HM『Episode2』の碧が初めて笑ったシーン
これを選んだのは二人。えっと、作中に碧が微笑むのは2箇所ありますが、『初めて』だと円香と対峙した時の方でしょうか。
実はこのシーン、Episode2があまりにも長すぎた為にカットしようか本気で悩んだ所でして。つまり、シーン8(碧と円香が対峙するシーン)と9(理央と円香の会話シーン)をバッサリカットしようと考えていた訳です。何故かと言えば、シーン7の時点(碧と静流が話すシーン)で、碧は8割方立ち直っているのですよ。なのでここはなくても成立するのです。足りない分は他のシーンで肉付けすれば事足りたのです。碧は微笑む場面は最後にもありますし、わざわざ円香という新キャラも出さなくても済みますし。でもそれだとあまりも味気ないし、何より理央が碧の為にやった事はデートに誘っただけという事になってしまうので、字数増えるのを覚悟でそのまま生かしたシーンなのですよ。これが選ばれているという事は残しておいて正解だったって事ですね。

・HM『Episode1』の雪夜が春奈を助けるシーン
こちらも二人に選ばれました。まあこれを選ぶ人はいるだろうなと予想していたものですね。もう雪夜くんが分かりやすいくらいカッコよく、ひたすら主人公然としているシーン。実はこの部分(春奈が綾辻に攫われて、雪夜が部屋に駆けつけるまで)の雪夜視点のInterludeを書く構想もあったのですけどね。書く時間がない上何か今更な感じがするのでお蔵入り。ですがここが選ばれた事でちょっと書こうかなぁと思い始めて来ました。さて、どうするべ。

・HM『Episode2』で理央が碧をデートのやり直しに誘うシーン
来ました『王子様キス』のシーン。こう、女の子の手を取って甲にキスするヤツですね。キザ男にしか出来ない専売特許。私?やれと言われればいくらでもやってあげますが(オイ)。あの辺は出来るだけ理央をカッコよくしようと思いまして。やっぱり自分にそういう属性が若干ある所為なのか、キザ男の言動書くの楽しいわ~(お前)。

・WOS『File No.1』、さくらの『抱き締めてもいいですよ?』
まあコレは私が自分で『名台詞だ』と言ってしまったので。でもこのお話はラストシーン(この台詞含め、和桜とさくらのやりとり)が一番最初に降りて来て、ここが書きたいが為に書いたお話ですから。自分としてもかなりお気に入りのシーンですね。余談ですが、リアルの知り合いにこの話を読ませた所、その人オッサンですが泣いてました。あの時はホントに嬉しかったですね。

・DQ3プロローグ、オルテガの旅立ち
これが選ばれたのはDQ3ファンの私としては嬉しい限りです。やはり彼は志半ばで不遇の最後を遂げてしまう分、出発だけはいいものであったと。いつまでも心に残るような、それを糧に戦い続けていけるようなものにしたかったのですよ。個人的には上手く出来たと自負しているのですが……ゴメンなさい、自己満足ですね(苦笑)。

・HM、瑛理の『トサカじゃねェ!』
……まあ私の作品の中で、唯一何回も出て来る台詞ですしね(苦笑)。式見蛍の『死にてぇ』みたいなもんでしょうか(マテ)。本編で出て来る時は何気に言う度に回数の桁が上がっていってるのですけど、お気づきになりました?これ完全に勢いでして。瑛理の苗字を『土笠』に決めた時、『トカサよりトサカの方が読みやすいじゃん』とか思ってしまって。この際雪夜や春奈にも言わせてしまおうという流れに(笑)。

今回選ばれたのはこんな所ですね~。…個人的には雪夜がデレたシーン(『スナオなキモチ』の春奈の額にキスや『Episode1』の『明日の弁当はハンバーグ』など)とかTSの秋臣とお母さんが電話で話すシーンなどが入ってくるかと思っていたのですけどね。やはり人気投票同様、私の予想はアテにならんようです(苦笑)。

回答してくださった方々に今一度多謝m(__)m これからも宜しくどうぞ~。
[PR]
by araya-shiki | 2008-03-10 14:04 | Comments(3)
Commented by ラット at 2008-03-10 22:32 x
感謝してくれたまh(殴打暴行)……いえいえ、こちらこそ素敵な話を読ませて頂いたので。
他にこんなシーンも入っていたんですね~。そして、後一人誰が入れたんだろう……。
なかなか決めるのが難しかったですが、それほど良作なんです。
Commented by fubuki-a at 2008-03-11 13:54
>『トサカじゃねェ!』
あ……入れれば良かった……。(ぇ
シキさんが書く作品は魅力的なのが多くて困ります。
Commented by araya-shiki at 2008-03-11 16:06
>ラット様
いえいえ、お礼を言うのはこっちの方ですぅ。ホントにありがとうございます。

>吹雪様
ふふふ…これからもいっぱい困らせてあげます(あんまり滅多な事言うな)。感想こそ書いてませんが、吹雪様の小説も好きですよ~。
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31