BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

無情な時計の針を、痛みの分だけ戻せたなら。

何となく書きたくなったので、珍しく自作小説について色々語ってみようかと。

私が小説を書く時、というか小説のネタを思いつく時っていくつかパターンがあります。基本的には閃きが元になるのは変わらないのですけど。

まず、ストーリーが最初に思いつくパターン。
大半の人はこれでしょうね。最初にどんな物語を書きたいのかを思いつき、そこから設定やキャラを加えていく。私の場合だと『レクイエム』や『HM/Interlude』などがこれに当たります。特に後者はキャラや設定など考える必要ないですし。

次に、設定が最初に思いつくパターン。
これも結構多いのではないでしょうか。物語という内面からではなく設定という外枠から作っていく。私はむしろ上記よりもこっちの方が多く、『HM』や『TS』、『UL』や『DQプロローグ』などは全てこの方法ですね。割とTVや商業誌などから影響・インスピを受ける事も多いので。

それともう一つ、恐らくあまり一般的ではないと思いますが、私には『台詞』から小説を書くパターンがあったりします。
仕事していたり部屋でのほほーんとしてる時に、唐突に何らかの台詞が思い浮かぶ事がよくありまして。で、そこからその台詞を使うのはどんな場面か、どんなキャラがどんなタイミングで使うのか、そこに至るストーリーは、そこからどう展開していくかなどを考えていく方法です。過去にこの方法で書いたのは『TS/Interlude』、『綾乃☆オーバードライブ♪』、『WOS』のファイル1などですね。書き始めてその台詞まで到達した時は思わずニヤリとします。因みに『TS/Interlude』で最初に思いついた台詞は『秋臣母の最初の台詞』です(笑)。
…ただ、この方法は『その台詞』が出て来た後の展開を考えるのが結構大変だったりします。それがラストシーンの台詞なら逆に楽なのですけどね。なのであんまりお勧めしません。…つーかかなり破綻したやり方だと思うので出来る人自体が少なそうですけど。

後は…物語、設定、キャラが全部一気に閃く場合もありますね。以前書いた自作がそうだったりしました。…まあ未完でお蔵入りになったのですけど。あ、私の場合、キャラから作るパターンはありません。キャラは必ず世界観がある程度出来上がってから考えます。名前に至っては執筆時にその場のノリや語感で決めたりしますし。名前に意味を含ませるパターンもあんまりないですね。エミットとメーティ、ディアくらいでしょうか。SSSのメンバーは苗字の頭が曜日ってだけですし。あ、実は碧の名前だけは意味があったのですけど…『Episode 2』が長くなりすぎた為にそれを明かす部分をバッサリカットしたという逸話があります。…不憫な子。

で、今後の執筆予定。

取り敢えず今はあんまり時間がないのでゆっくり執筆してられないのですけど、なるべく早い内に彩桜学園物語は着手したいなぁと。もう設定もキャラもあらすじも出来てますし、後は書くだけ。以前何処かで言った事があるかと思いますが、スポ根恋愛ものです。主な登場人物は4人。因みにそのスポーツっていうのはサッカーなんですけどね。まあこの辺他に詳しい人が殆どいないのであんまり突っ込んだ専門用語などはなるべく含ませないつもりでいますけど…はてさて。

あと、何でか知らないけど今バトルが書きたくてしょうがない。そんな訳でULも書きたいのだけど…ホントにあれもこれもじゃ結局どれも手を付けられない。他にもHM/InterludeやWOSなんかもかなりネタが揃ってきてるのでそろそろ形にしないと風化してしまう恐れが…。全部で7,8本くらいあるかな?一応ネタは書き出してあるのだけど、書いてる暇も気力もない…。誰かっ!私に時間かコピーロボットを下さいっ!!

…プロット渡すから誰か代わりに書いてみる?
[PR]
by araya-shiki | 2008-01-31 14:08 | Comments(9)
Commented by tyuuyaouku at 2008-01-31 20:11
僕は以前ちょっと語ったとおり、設定から入るケースが多いです。それと、キャラから物語を作るというのは僕もありません。設定→キャラという流れなら、そこそこにあるのですけどね。

台詞から、というのは……確かに、珍しいかもしれません。少なくとも、僕は過去一度しかそれが元になったことがありませんし、それさえ没になりそうです。
僕も、最低あと三人いないと書ききれない可能性が高く……コピーロボットも必要想ですが、パソコンが無いので時間がほしいです。書ききれません。
Commented by 京加 at 2008-01-31 21:52 x
うーん。。。
写真なら代わりに撮れますが。。。^^;
Commented by ラット at 2008-01-31 22:12 x
自分は……なんなんでしょうか? 多分設定とストーリーが同時進行だったりしますね。設定の方が若干すすみ気味ですが。
それも、基本は全てノリで生み出される物なので一概にどうとも言えないのですが……。
Commented by kazusakanna at 2008-01-31 22:13
う~~ん、プロット渡されても書けないからいいです。てかプロット使ったことないし。
その前に僕は絵で頑張った方がいいのかなっ?
Commented by fubuki-a at 2008-02-01 02:13
>『台詞』から小説を書くパターン
私は単発物書く時がいつもそれですが、何か?
……ああ、だからよく書き直さなきゃいけなくなるのか。(ぇ
シリーズ物は大抵、キャラ設定からですかねー。

一つのプロットから数人がそれぞれで書いたりとか、そういう企画あったら面白そうだなぁって今ふと思いました。……思っただけです。
Commented by HOCT2001 at 2008-02-01 10:13
台詞からはかけません。
無理です。
私の場合は設定からですね。
SF書くので。
Commented by ru-raa at 2008-02-01 17:05
僕の場合は、ちょっと似ているかもしれません。
ただ『台詞』からではなく『シーン』あるいは『イメージ』からなのですよね。
主人公と悪役が向かい合っているシーンとか、男主人公がヒロインに平手打ちをくらわせているシーンとか。
そういうのがまず頭をよぎって、『じゃあなんでそんな状況になったのか』と煮詰めていきます。
『ザ・スペリオル~夜明けの大地~』でいくと、序盤は『サーラの家を見上げているファルカス』、終盤は『剣を振りかぶろうとしたファルカスと、それを後ろからふんわりと抱きとめているサーラ』から展開を膨らませていきました。
あ、もちろん設定からも多いですね。でもキャラから書くことだけはなかったり。
それでは。
Commented by araya-shiki at 2008-02-01 17:15
>宙矢様
私も殆ど設定から入るのですよ。台詞から入る時は『これだ!』と自分の中で相当ストライクじゃないと出来ませんね。

>京加様
やっぱりそうですよねぇ…。一度京加様の写真とコラボってみたい気もしますが。

>ラット様
私もノリ命です。特にストーリーに関して言えば、当初の方向性から大分ズレたりする事も多いです(苦笑)。

>上総かんな。様
プロットって言っても。大体のあらすじを書いただけのものですよ。私も基本的にしっかりプロットを組む方ではないので。

>吹雪様
をを!同じ人がいた!短編単発ものは結構この方法で出来ますけど、長編はちと無理ですよねぇ。
>一つのプロットから数人がそれぞれで書いたりとか
あ、確かに面白そうですね。今度考えてみましょうか。…時間があればの話ですが。

>HOCT2001様
私はSFが書けんのです…。そもそもファンタジーが書けませんね。むう、少しは勉強せねば…。
Commented by araya-shiki at 2008-02-01 17:18
>ルーラー様
私の場合と殆ど同じですね。『台詞』と書きましたけど、大半その一瞬後にシーン自体が思い浮かぶので。いずれにしても、構想を練ってる内が楽しいのですけどね。
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31