BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

阿鼻叫喚の脳内キャラブログ(?)。

シキ「なあ、サキ」

サキ「なによ?」

シ「いい加減、ブログ返してくれない?昨日で執筆終わったんだし」

サ「イヤよ。だって私の方が閲覧者数稼げるし。コメント多いし。常連さんも結構ノリノリよ?」

シ「うっ……否定できない…昨日何気に20人越えてたし…」

サ「この『艶夜サキのドキドキ保健室』は永久不滅なのよ!」

シ「前から聞きたかったんだが…何故に『保健室』なんだ?」

サ「だって、保健室は男のロマンなんでしょ?それに保健室って色んな意味でドキドキするでしょ?」

シ「所詮は春奈の原型かっ!発想がそっくりだ!!」

サ「そんな訳で、今日はパーティー♪さ~て、騒ぐわよぉ~♪」

シ「…パーティーって、2人でか?」

サ「んな訳ないでしょ。あんたと2人なんて何されるか分かったもんじゃないわ」

シ「人を飢えた狼みたいに……」

サ「似たようなもんでしょ。ちゃんとゲストも呼んであるから」

シ「ゲストって………のわっ!!」

?「死ねよテメー

シ「……ええと、こちらの方は、一体どなた?」

?「死ねよテメー

シ「………………」

サ「紹介するわね。彼の名前は古夜(ふるや)ザキ。性別男。18歳。B型。ネガティブ及びホラー路線担当。執筆作は『レクイエム』『ポエム/失恋、追憶』など。スプラッタ映画をこよなく愛する引きこもり。好きな女の子のタイプは岩佐真悠子らしいから、Sそうに見えて実はドMの可能性あり」

シ「最後のプチ情報はどうでもいいよ!それより『ザキ』って名前はどうなんだよ!よりによって即死呪文!?」

サ「私に濁点が増えただけでえらい違いね」

ザ「死ねよテメー

シ「…そもそも『ネガティブ』の意味を曲解してらっしゃいませんか、この方?彼にだけはブログを明け渡してはいけない感がヒシヒシと……」

サ「……そうね。ザキくんに書かせたら、拡大フォントの赤い字で『死ね』の文字をぎっしり埋め尽くした記事とかになりそう……」

シ「そんなん書かれた日にゃあ閲覧者激減どころか誰も見に来なくなるぞ……」

ザ「死ねよテメー

シ&サ「………………」

?「きら~ん☆そんな暗い気分を一新!まほーしょーじょ・ミキミキの登場ですぅ~☆

シ「今度はなんだー!?」

サ「紹介しましょう。麗夜(うるや)ミキ。性別女。14歳。A型。メルヘン担当。執筆作は『ポエム/休息、談笑』など。可愛いもの大好き。オッサンである作者の車の中にこ○ぱんやリラッ○マや○ーさんなどのぬいぐるみが置いてあるのは偏に彼女の仕業。静流ちゃんを『おねーさま』と慕う、レズっ気たっぷり3.6倍。知る人ぞ知る幻のキャラ『鏡弥綾乃』の原型」

シ「…作者の脳内にまともな人格はいないのか…?そもそもメルヘン担当って必要か……?」

ミ「何言ってるですかぁ~!ミキが居なかったら『HM/Episode 0』で春奈さんと碧さんがいちゃつくシーンはなくなっていたんですからぁ~☆感謝してくださいよ~☆」

シ「余計な事をっ!!」

サ「彼女の人格は執筆関係よりもむしろ、作者が酔っ払った時に顕現しやすいと言う情報が」

シ「マズイだろっ!それはいい年した男としてマズ過ぎるだろ作者!!」

?「時は…満ちた

シ「うを!?まだいるのか!?」

?「人は何処から来て、一体何処へ行くのだろう。儚き幻想に縋り、その場凌ぎでしかない理想を追い求めるのか。現世はいつの時も、理不尽と不条理に満ち溢れているのか。嘆かわしいものだ

シ「何この斜めな人!?」

サ「はい、紹介ね。想夜(そうや)トキ。性別男。31歳。AB型。バトルシーン及び堅っ苦しい文章担当。執筆作は『DQⅢプロローグ/DEPARTURE、6 years after(バトルシーンのみ)』『レジェンド』『ポエム/不幸』など。『女性は3歩後ろを歩くものだ』と言う時代錯誤も甚だしい女性観を持つが、その割りにほしのあきが好きなど私でも未だ掴めない人格よ」

シ「意外と執筆率高っ!!しかもほしのあきって!!」

ト「お初にお目にかかる。某(それがし)が想夜トキだ

シ「いちいち斜体にするの止めてもらえませんかねぇ!読みづらいんだけど!それに、一人称が『某』の人初めて見たぞ!!」

ト「何を言っている。今は『某』がナウなのだぞ。でなければミーだ

シ「横文字を使うなよっ!!」

サ「さて、これで全員集合ね」

シ「ようやくこれで全員なのか……。オレ、ツッコミすぎて既に声ガラガラなんですが」
(※シキの一人称は本来『私』ですが、この記事に限り『オレ』になります。ご了承を)

サ「何言ってるの。パーティーはこれからじゃない」

シ「…………」



ザ「死ねよテメー

ミ「わぁ~☆この紅茶美味しいですわ~☆さすがおねーさまが淹れて下さった紅茶ですぅ~☆

ト「ふむ、このスルメはデリシャスだ。某の持ち込んだ日本酒『巨乳』と見事な調和を生み出している



シ「……オレ、帰っていいスか?付いて行く自信がない……」

サ「あれぇ?帰っちゃっていいの?これに参加したら、明日からはブログ返してあげようと思ってたのに」

シ「ほ、本当に!?」

サ「うん。執筆頑張ったしね」

シ「いよっしゃーーーー!盛り上がったるでぇ~~~!!



サ「………ふふ、上手く行った。あのメンツは私一人じゃちょっと制御しきれなかったのよね。とは言え、明日からは本当にシキくんにブログを返すとしましょうか。『そろそろ女言葉も限界だ』って作者も悲鳴上げてた頃だしね♪それじゃ皆さん、当ブログは明日から通常営業に戻ります。私も最後にコメント返しをしたら暫くナリを潜めますね。再会出来る日をお楽しみに♪またその内必ず出て来ますから♪」
[PR]
by araya-shiki | 2007-05-21 10:51
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30