BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

生産性のない実に無駄なブログ(何故か小説カテゴリ)。

一昨日のDQ3の話ですが。
意外な程皆様に好評だったようで。ちょっとビックリしました。もっと反応薄いと思っていたのですが、DQ3やった事ある人って多いんですね。今頃DQ3ネタで盛り上がってるのなんて、web広しと言えどここぐらいなものではないかと(笑)。

で、あのDQ3のノベライズですが、実はお蔵入りにするには勿体無いくらい詳細に設定を組んだのです。その実HMの10倍(当社比)は下らない程に。ま、私の脳内での話ですけど。
今日はそれを少し書いてみようかと思います。



まず登場人物。

・アレル(勇者)
・男。16歳。父に勇者オルテガ、祖父に大勇者ゼイアスを持つ勇者の家系に生まれる。6歳時で既にメラとホイミが使える等、本人も勇者としての素質は充分。性格は優しく、困っている人を見ると放っておけない上、正義感が強い。その所為で自ら厄介事を背負い込む生粋の純正培養勇者。パーティ内ではツッコミ担当。だが仲間の特性を生かした戦略を立てるのが得意など、頭の回転は非常に速い。剣技はゼイアスのお墨付き。

・リザ(僧侶。のちに賢者)
・女。16歳。ルイーダの娘。と言っても血の繋がりはなく、養子。実の両親はオルテガと一時期共に旅をした僧侶ボルグと魔法使いローザ。母方の祖母はゼイアスと共に世界を救った大賢者バーバラ。血筋の関係で僧侶でありながら基本的な攻撃呪文を使う事が出来る。アレルLOVE。性格は春奈をもっと積極的にした感じ。アレルの誕生日に、包装紙を全身に巻いて頭に大きなリボンを付け「プレゼントは私」といいながら体当たりするぐらい(6歳時)。だがアリアハン王立アカデミー始まって以来の天才と言われる程頭がいい。

・クリス(武道家)
・女。18歳。戦争孤児だった所をアリアハン王に拾われて以来、王宮兵士として育つ。アリアハン武道会で2連覇するほどの実力を持つ。その素早い身のこなしから、『電光石火』の二つ名が付いている。性格は兵士として育ってきたからか、男勝り。極度の負けず嫌い。世間知らずな部分が垣間見える事もしばしば。だがそれでも頼れる姉御肌。

・モハレ(盗賊)
・男。15歳。父は盗賊バコタ。父が城に捕まってしまった為、路頭に迷って商店から食べ物を盗んで追い掛けられていた所をアレル達に助けられる。基本ドジで、歩けば地雷を外さずに踏むトラブルメーカー。戦闘力は他の3人に比べると見劣りする。だがアイテムの知識は実に豊富で、お金の管理もきっちりしているパーティの金庫番。いつもクリスを「姉御」と呼んで怒られる。

以上が主人公パーティの設定です。
何度か『6歳時』と言う言葉が出て来ますが、これは一昨日載せたプロローグの後にもう少し書いた『オルテガが旅立って6年後』の話があって、ここで登場する設定です。オルテガの死が(世間的に)確定して、幼いアレルが勇者として旅立つ決意をするエピソード。現在はここの途中で筆が止まっている状態です。

話が進むにつれて、『気』や『魔法剣』、『合成呪文』なども出そうと企んでいました。はい。『ダ○の大冒険』『○トの紋章』からのパクリです。個性の欠片もありません。
後はゼイアスやオルテガの冒険話などともリンクさせたりしようと思っていました。中でも秀逸なのが、各地で出てくるオルテガの武勇伝。例えば…

・ポルトガの関所の扉を素手でブチ破った
・バハラタに行くつもりが迷子になってムオルまで行ってしまった
・呪いの掛かったオリビア海峡を泳いで渡ろうとした
・断崖絶壁に囲まれたバラモス城には崖をよじ登って入ろうとしていた

etcetc……。これを聞く度にアレルが凹んで行くと言った感じにしようと思っていたのですよねぇ。かなりコメディっぽいストーリーにしたかったんですよ。
当然アレル達の冒険自体も、かなりコメディタッチなエピソードを考えていて、

・場所はラーの鏡の洞窟
・大量の宝箱に欲目の眩んだモハレが片っ端から宝箱を開けた結果、ミミックの大群に追い掛け回される羽目に
・命の石を使い切って何とかラーの鏡を入手し、サマンオサ城に帰還
・昼間は王様の格好だが、夜は何故かバニーガールの格好をしている変わった嗜好のボストロールの正体を暴く
・この世の地獄から生還し精神的に一回りも二回りも成長したアレル達はボストロールを瞬殺
・無事サマンオサに平和が戻る

…とまあこんな感じ。破綻した物語になる事請け合いだったと思います(笑)。それでもさすがにバラモス戦やゾーマ城での戦いは真面目に行くつもりでしたが。



とは言え、今は他に書くものも多いので、これの続きを書く事はまずないと思います。HMを書き終わったら考えてもいいかなぁ。…いつの話だ、それ?
あ、もしこの設定で続きを書いてみたいと言う方がいましたら、どうぞご自由にお使い下さい。


……結局、何の為に書いたんだ、この記事……?
かんな様は置き去りですね。ゴメンなさい。
[PR]
by araya-shiki | 2007-03-10 10:20
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31