BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

Work of SSS ①

File No.1 『届かなかった想い』    依頼人:芹沢和桜



「詳細をお聞かせ下さい」

 依頼を受けた雪夜と春奈は、クライアントと接触すべく、大学部のとある研究室を訪れた。
 依頼人の名は『芹沢和桜(せりざわかずお)』38歳。独身。大学部の助教授を務める男である。

「何でも『20年前の恋』をお探しだとか」

「ああ、そうなんだ。こんな事をキミたちに依頼するのは筋違いなのかも知れないが…」

 和桜は人の良さそうな顔を歪めて苦笑する。

「いえ、私共SSSは、全力でお手伝いさせて頂きますわ」

 春奈は極めて優しく丁寧な口調で声を掛ける。その笑顔を見て、和桜はポツポツと依頼内容を話し始めた。

 話は20年前に遡る。
 舞台はとある片田舎。当時高校生だった和桜には、共に将来を約束しあった同い年の女性・かすみがいた。
 かすみは心臓に重い疾患を抱えており、入退院を繰り返す辛い日々を送っていた。そんな時に、たまたま怪我をして病院に通っていた和桜と出会ったのだ。
 二人が逢瀬を重ねていたのは、病院の中庭にある大きな杉の木の袂。なかなか外出許可の下りないかすみにとって、和桜との逢瀬は生きる糧そのものだった。
 将来を誓い合い、たった一度きりの契りを交わしたその翌日、いつものように杉の木の袂を訪れた和桜。しかし、待てど暮らせどかすみは来ない。
 不審に思った和桜は、かすみの病室へ。だが、そこはもぬけの殻だった。
 居合わせた看護士を問い詰めると、ついこの日の早朝、疾患が悪化して遠くの大病院に搬送されたと言うのだ。
 当時高校生で稼ぎも無く、大学進学を控えていた和桜に、かすみを追い掛ける事は出来なかった。
 自分はただ勢いだけでかすみと将来を約束しただけなのではないか、こんな将来も確約されていない自分に、かすみを幸せにしてやれる事ができたのだろうか。そんな自問自答を繰り返すも、時間の流れは残酷に過ぎ去り、大学進学により上京した和桜にはかすみの消息は掴めなくなった。

 それから今年で20年。その間にも何度か恋をし、結婚も経験した和桜だったが、かすみの事が心の底に澱のように沈殿し、悉く上手くいかなかった。そんな気持ちにケリをつけたいのだと言う。

「別にかすみと縁りを戻したい訳じゃないんだ。ただ、彼女の消息が知りたい。私はそれだけ満足なんだ」

「病院の方には確認してみたんですか?」

「ああ。だが、彼女はその後も色々な病院を転々としていたようで、最後までは追えなかった。当時入院していた病院も、数年前に閉鎖してしまったよ。私が訪れた時には、あの時の杉だけが変わらずに立っていたなぁ」



「………と言う訳なんです」

 雪夜と春奈は、業務内容を所長の静流に報告していた。

「う~ん、デリケートな問題ね。心臓に疾患があったのなら、最悪のケースも想定しなくちゃいけないかも」

「そうなんですよね。出来れば悲しむ顔は見たくないんですけど……」

「だからって、嘘の報告をする訳にもいかないですしね……はぁ、どうしよっか、雪夜」

 三人は顔を見合わせる。暫く唸り声を上げていたが、やがて静流は諦めたように言った。

「仕方ないわ。唸ってても解決しない。取り敢えず調べてみてから決断しましょう。瑛理、よろしく」

「そう言うと思って今調べてるよ」

「さっすがトサカ先輩!」 「トサカちゃんカッコいい!」

「やかましい!トサカじゃねェ!」




 数日後のある休日。雪夜は和桜を伴って例の閉鎖された病院を訪れていた。

「雪夜くん、突然どうしたんだい?病院が見てみたいだなんて」

「いえ、深い意味はないんですよ。ただの結果報告です。へぇ、これがあの杉の木か。立派なものですね」

「結果報告……?」

 その時、別の方角から一人の女性を伴った春奈が歩いて来た。

「えっ…………?」

 和桜は目を疑った。それもその筈。春奈と共に歩いて来る女性は、若かりし日のかすみ、その人だったのだから。

「か、かすみ………?」

 女性は和桜を見とめると礼儀正しく一礼した。そんな仕草もかすみそっくりだ。
 和桜はたまらず駆け寄っていく。

「本当に………かすみ……なのか?」

 この20年間片時も忘れた事のない顔。その顔が今、現実として目の前にいる。
 が、しかし。



「ゴメンなさい。あたし、かすみじゃありません。あたしはかすみの娘のさくらです」



「えっ………………」

 和桜は再び絶句した。確かに娘ならこれ程似ていてもおかしくはないが……。それ以上に、かすみに娘がいた事に衝撃を覚えたのだ。

「えっと、芹沢和桜さんですよね?母から手紙を預かっています」

 和桜はさくらから、開封されていない一通の手紙を手渡された。宛名の欄には、懐かしいかすみの字で『和桜さんへ』と書かれている。混乱する頭をどうにか平静に保つよう努力しながら、和桜はおそるおそる手紙を開く。

『和桜さんへ。
貴方がこの手紙を読んでいる時、貴方の目の前にはさくらがいる事でしょう。さくらは間違いなく、私と貴方の娘です。本当は、私自身でその事を貴方に報告したかったのだけどね。貴方がこれを読んでいる時には、私はもうこの世にいないのです。』

 和桜は食い入るように手紙を貪り読む。まずは必死に文面を理解しようと努力する。そんな意思に反して、瞳からは涙が滲んできた。

『多分混乱されている事でしょうから、順を追って説明しますね。
貴方と別れた後、私はいくつかの病院を転々としました。そんな中で、私には赤ちゃんがいる事が分かったんです。私は真っ先に貴方に連絡を取ろうと思ったのですけど、貴方の大学進学とかがあったり、両親に反対されていたりした事もあってちょっと連絡出来なかったんです。でもどうしても貴方との子供を産みたかった私は病院から逃げて、人里離れた田舎で一人ひっそりとさくらを産みました。勿論『さくら』と言う名前は貴方の名前から取ったんですよ。さくらとの生活は、大変だったけど本当に楽しかった。勿論、隣に貴方が居ればもっと楽しかっただろう事は容易に想像出来たけど。』

 和桜の顔は、既に大きく歪んでいる。それでも、最愛の女性が書き綴った手紙を一字一句漏らさず刻み込もうと、懸命に涙が零れないように歯を食いしばった。

『だけど……そんな生活もそれほど長くは続かなかった。さくらが生まれてから暫く安定していた心臓の疾患が、再発したんです。さくらを親戚に預け、自分は治療に専念しましたが、もう手遅れでした。日に日に病状が悪化していくのが自分でも分かります。でも、貴方の事だけがどうしても心残りだった。だから貴方がこれを読んでくれる日を夢見て、今筆を取っている次第です。』

 和桜はどうにも涙を堪えきれなくなった。大粒の涙が頬を伝い、手紙に落ちる。

『私は幸せでした。貴方から両手じゃ抱え切れないほどの幸せを貰いました。私は貴方に幸せをあげる事は出来なかったけど…。あの時、貴方と出逢えた事は、余命短い私への神様からの贈り物だったのかも知れません。ううん、違うわね。私と貴方が出逢う事は、私達が生まれるずっと前から決められていた運命なのよ。…って、もう死んじゃう人間にそんな事言われても迷惑よね。貴方は私の事なんか忘れて、今大事に思っている人を精一杯愛してあげて?

遠い空のどこかで、あなたの幸せをいつまでも祈っています。  かすみより』



 和桜は地面に崩れ落ち、手紙を掻き抱いて咽び泣いた。かすみと別れたあの時から、決して流れなかった涙。それが、今は後から後から溢れ出てくる。最愛の女性がもうこの世にいない。どんなに逢いたくても、逢う事は叶わない。だがこの20年間、彼女と同じ気持ちで思い合っていたのだ。
 和桜を見守る雪夜も春奈もさくらも、皆涙を流していた。手紙の内容は分からなかったが、和桜の様子で何となく察したのだろう。
 雪夜と春奈は、何も言わずにそっとその場を立ち去った。

「あの……」

 和桜がそろそろ泣き止んできた頃、一人残ったさくらが和桜に声を掛けた。

「ああ、ゴメン。みっともない所を見せちゃったな」

「みっともないだなんて、そんな事ないです。……本当に母さんの事が好きだったんですね」

 和桜は苦笑する。そう言えば、この子は自分の血の繋がった娘なんだ。

「……正直、あたしは貴方を『父さん』と呼ぶのは躊躇われます。今まで母さんからいっぱい貴方の話は聞いてきましたけど。でも、貴方があたしの父さんだなんて、実感が湧かないんです」

「………そうだよね。今までほったらかしにしてきてしまったのだから、仕方が無い」

「でも………………」

 さくらはもじもじと下を向く。何か言いにくそうにしているようだ。

「あたしを………母さんの代わりに……抱き締めてもいいですよ?」

「――!」

「あ、あたしだって、女の子ですから……血が繋がっているとは言え、知らないおじさんに抱き締められるのはちょっと嫌ですけど…………。でも、母さんを思って流したその涙は………とても……キレイだったから………」

「………………ありがとう」





 二人を見守ってきた杉の木が、優しく風に揺れていた―――――
[PR]
by araya-shiki | 2007-02-08 13:20
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31