BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

見上げれば同じ空 星たちは今日も僕らを照らす。

……気が付けばもう月末。1年の1/12が終わってしまう訳ですか。光陰矢のごとしとは正にこの事……! 私的にはアジア杯で大盛り上がり出来たので充実は充実。……その他にバカみたいな雪の量だとか仕事の量だとか、大して増えなくてもいいもんまで増えてるのは頂けないけど。

そう言えば遅ればせながら、MBの最新話が『ルーラーの館』で公開されてます。まだ読んでない人はこちらへどうぞ。

一応全編通して設定説明なので大して解説する事はないんですけど、まあ要するにアレルガルド(つーかアレフガルドも含めた『DQ3の世界』)には体内に『魔力』と持つ人間と持たない人間の二種類がいると。持つ人間は知性が、持たない人間は身体能力が発達し易い、つーかその逆は発達しにくいという設定。これ別にDQの公式設定でも何でもなくて、私のオリジナルなんですけどね。

何でしょう、私的には『勇者』という存在をとにかく『特別』なものにしたかったんですよね。ゼイアスの生い立ちはまだ明かされてないのでネタバレは避けますが、魔法も使えて身体能力も高い。故に『特別』であり『勇者』足り得る存在であるというのが絶対条件な訳です。要するに、『生まれ持った資質』であり『一般人にはどう努力してもその領域には行けない存在』であるのが『勇者』だと。『勇者』は修行次第で誰でもなれるものではないという設定にしたかった訳ですよ。6以降の転職システム全否定(苦笑)。

当然の事ながら3にも転職システムは存在しますが、『勇者』にはなれないでしょう? じゃあ魔法使いや僧侶の修行をしたあと戦士や武闘家になったヤツは違うのかと言われれば、それもまた違うでしょう。確かにそうすれば両方の能力は得られますが、公式設定でもMPが半減するように両方を完全に極める事は出来ないのですよ。身体能力と魔力を完全両立出来るのが『勇者』。それも修行次第でどうにかなるものじゃなくて、あくまでゼイアスが『特別な』存在である『勇者』だから、というのがこの物語の前提。

因みにゼイアスが『魔法使い』と名乗っているのはまだ勇者の自覚がない、というか概念がない為。『攻撃魔法が使える』宮廷魔術師だから魔法使いと名乗っているだけの話で、別に勇者である事を隠している訳でも何か意味があって魔法使いと名乗っている訳でもないです。ゼイアスは『始まりの勇者』、つまり何も前例がない状態から勇者になるので、現段階では自身が勇者だと自覚してはいないのです。オルテガやアレルは『ゼイアス』という前例があるので最初から勇者という括りになるのですが。

……と、解説する事ないとか言っておきながら長々と解説してしまった(汗)。今月もあんまり記事書いてないからもう幾つか書こうと思ってたけど時間がなくなっちゃったので今日はこの辺で。精神的に余裕があれば、明日から少し連続してポエムを書こうかと。……予定は未定ですけどね?(マテ)

ほーら、またこう言う忙しい時に限ってFateなんぞやっちまうから執筆したくなってじゃんかー。



web拍手を送る
吹き荒ぶ 風雪寒さ 凍て付いて 想い馳せるは 春の花の芽。
[PR]
by araya-shiki | 2011-01-31 20:35 | Comments(2)
Commented by ru-raa at 2011-02-04 16:37
『主人公イコール特別』ってやつですね!
僕もけっこう、そういう考え方するタイプですよ。
ただ、実際のドラクエⅢ勇者は、攻撃では戦士と武道家に劣り、魔法では賢者に劣るという、非常に中途半端な性能になっていましたが(苦笑)。
デイン系の呪文が使えるのと、ベホマズンが使えるのが、唯一、特別感の演出になっていましたかね。
それでは。
Commented by araya-shiki at 2011-02-09 17:05
>ルーラー様
うーん、ゼイアスが『主人公だから』特別って言うのとは少し違うのですけど……その辺はまだネタバレしてないので伏せておきますが。
これはあくまで小説ですし私の創作なので、DQ3の設定を完全に踏襲する事はしないと思います。主人公はどの面に於いても最強って言うのが好きなので。実際のDQ3でも最初にしばらく勇者一人でレベル上げて他の連中よりもかなり強くしておくのが好きですし。つーかDQ3の勇者は成長が遅すぎんだYO!
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31