BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

もしも時が止まり色褪せない写真のように 全てがこのままだったとしたら。

……もう会社からの更新がいつも通りになっている事実が、ただただ悲しひ。いと儚きは夏の風。暑さ孕みて嘆きたもう。秋待ち遠しくてダレ候、候、候……。とイミフな古文でジョルトカウンターでござる。新夜は変態侍でござるゴザルGOZARU。

さて、いい感じに狂った文章書いて満足したので、本題に入ろうか。

ルーラー様のサイト『ルーラーの館』にてMBの新作、第一章第4話『穿つ三星と二刀の疾風』がアップされましたので、ソイツの解説でも。DQ3、MB、もしくは私の書く小説に興味があり、且つまだ読んでない方はこちらからどうぞ。興味ない人はスルーでおk。以下、解説なので一応Moreにしときますねー。






……とは言ったものの、全編通してバトルなのでそんなに解説する事なんてないんですけど(汗)。あるのはせいぜいライズの必殺技くらいなもんですか。ゼイアスは最後に出て来たものの、ゼイアスに関する設定説明は次回でやる予定なので今は何も言えませんし。かなり意味深な発言してますが。何故勇者であるはずのヤツが『魔法使い』なのかは、次回をお待ちあれ。

アリアハン兵隊長ライゼンベルトの必殺奥義『穿孔三星衝《トリアイナ・アステリズム》』。……こういう必殺技名を出すのはちょっと恥ずかしいんですけど、まあ世の厨二病患者さんがwktkするような名称を出せればなぁと一念発起してみた訳なのです。私も立派に罹患しておりますが(苦笑)。

一番最初で言えば、正直な話ジークの凄さを分からせる為の咬ませだったライズに必殺技を打たせる気なんてなかったし、脳内プロットを煮詰めた結果で出て来た必殺技だったのですが最初にこのシーンに到達した時はもっとシンプルな名前だったのですけど、気がついたらこんな大惨事になっていた訳でして……。や、文体が文体だし、ここらでいっちょカッケー必殺技名でも出してしまおうかと末期的な思考に至ったものですから。そんなもんです、新夜なんて。思いつきから当初の予定がズレまくる事なんて日常茶飯事日常茶飯事。

原理は、自身最速の打突を両肩と丹田、つまりヘソの辺りに打ち込む技です。仕掛けはシンプルですが、打突速度を極めればとんでもなく怖い技って感じ?作中でも解説してますが、横と下に逃げるのはまず不可能。後ろにスペースがあればバックステップは何とか可能ですが、それだって長い槍の範囲外まで逃げるとなると横に逃げるのと同じくらい難しい。無傷でかわす為にはこう、身体をぐにゃっと変な風に捻らないとダメなんですが、何処を狙ってくるのか分からない初見でそんな動きが出来る訳もなく。そう考えると初見でかわしたジークさんはとんでもねーって話なのですよ。まあ掠ってるんでかわしきれてはいませんが。

名前の『トリアイナ』はギリシャ神話のポセイドンが持つトライデント(三叉の槍)の名前で、『アステリズム』は天文学用語の一つで複数の明るい恒星が天球上に形作るパターンの事です。具体例だとアルタイル、デネブ、ヴェガから成る『夏の大三角』とか。その二語を組み合わせた私のオリジナルです。誓ってパクリではありません。『穿孔三星衝』はそのまんまですね。分かりやすいですかー?あ、そーですかー。あっちは一応ファンタジーなので、技名の引用元なんぞ作中では出て来ませんがね。カッコイイと思って下されば幸いです。

……こんな所でしょうか。果たしてこんな細かい部分まで興味を持ってくれる方が何人いて下さるやら(汗)。



web拍手を送る
風のない 午後の晴れ空 鮮麗に 花艶めかせ 水光らせて。
[PR]
by araya-shiki | 2010-09-06 16:13 | Comments(0)
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31