BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

今なら信じられる 君が信じてくれた自分のこと。

新夜です。最近ツイッターが楽しいです。新夜です。執筆は進んでいるようで進んでません。新夜です。暑くて溶けそうです。新夜です。今日も会社に一人でした。新夜です。

そんな訳でして(どんな訳だ)、ツイッターで私をフォローして下さっている方なら多分見ていると思いますが、『ツイッターノベル』なるものをちょっとやっております。フォロワーさんの影響です。そのお陰で新しいフォロワーさんが増えたりと、今更ながら新夜のツイッター熱が上がっている状態なのですよ。

『ツイッターノベル』とは。簡単に言えばそのまんま『ツイッター上で小説を書く』事です。ツイッターはご存知の通り140字しか呟けませんが、その制約の中で小説を成立させるのですよ。しかも『#twnovel』のハッシュタグを使用するので、更にその分の10字が上限カットされますから実質130字で書かなきゃいけない訳ですね。

でもこれがまた面白い。せいぜい1~2場面程度しか描写出来ませんが、その中でも上手くまとめるのがクセになって色んなシチュを考えてしまいます。私はまだ3つくらいしか作ってませんが、多分今後もいっぱい作って行くかと。ツイッターやってる物書きさんはやってみては?

因みに今までに私が書いたヤツをこの場でまとめておきます。


0-0 後半ロスタイム。エリア手前正面からのFK。イメージは壁を巻いて右上隅。決まる。必ず決まる。このシュートを決める為にこの1年、汗も涙も流し尽くして再びこの舞台に戻って来た。暗示ではない。それは確固たる自信。俺は右足に全てを託し、こいつらともっと高い所を目指してやるんだ―――

また今日もボランチ起用。「お前には戦術眼がある」って何だよそれ。俺はもっとガツガツ攻める選手になりてえんだ。…でも、確かに俺がボランチに入るとチームが落ち着く。他の連中も攻めやすそうだ。ムズいパスを通した快感もヤバい。…それならいっちょ、ボランチで天下取ってみるのも悪くないか――

「よし行くか」そう言い残しグラウンドに走り出す彼。私はその背中を見守る事しか出来なくて。一緒に選手として同じ舞台に立てたらと切望して止まなかった。でも出来ないから、せめて声だけ。「頑張って」彼はそんな私に「おう、泥船に乗ったつもりで待ってろよ」…大船でしょ、バカ。


……こんな感じ。何かスポ根ものしかないので、今後色々と作風を広げて行きたい所。ついでに、3つめの作品にはフォロワーのゆず様が男性視点のノベルを作って下さいました。私的にとてもお気に入りなのでこれも載せておきますねー(←無許可)。

「よし行くか」ぽつりと呟いた一言があいつの耳に届いたらしい「頑張って」声が震えていた。俺が言うのも変だけど、この三年間一番頑張ったのはこいつだ「おう、泥舟に乗ったつもりで待ってろよ」笑顔の花が咲いた。さて、あとは花に水を与えてやりましょうかね。

……むう、すげえ。まさかあの短時間(6分くらい)でこれを書いてしまうとは。脱帽すぎる……!ゆず様大好きです。年下だけど。

こんな事ばっかりやってたから今日は執筆が進まなかったんだろうが、私……。


あ、追記。『リンク』に篠崎伊織様の『リルの記憶』と日下部葉様の『Volunteer Soldier Note』を加えさせて頂きました。宜しくです~。



web拍手を送る
瞳の奥の不安な色は 楽しい事で塗り替えればいい。
[PR]
by araya-shiki | 2010-08-03 20:27
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30