BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

今あふれだした 想いを伝えたくて。

宮本笑里って可愛いよね。佐々木希って可愛いよね。……はい、ミーハーでゴメンなさい。でも今現在私の中でツートップです、この二人。TVの中の人とは言え、一応三次元の人である以上私はまだ大丈夫(ナニガ)。……でも今日のいいとも見逃した……(泣)。だって宮本笑里が出るなんて知らなかったんだもんっ!知った時はもう昼の2時だったんだもんっ!

そんなアホな口上で今夜も始まりました、『新夜・ザ・アトミックおんどりゃー(意味不明)』です。違います、このブログは『BE THERE』です。ついて来れるか……!

今朝、久々に夢を観ました。ええ、久々です。そしてカオスです。ファンタジーでした。というより若干バイオハザード寄りでヴァンパイヤー戦争風味でした。

何かヘンなビルの中。夢の中の私は銃を手に持っていました。人々は逃げ惑っています。ビルの外は何故か月面風味です。白い荒地でデコボコしてます。でも息出来ます。そんな事は当然なので夢の中の私は気にも掛けませんが。

逃げ惑う人々の中で逆走して来る物体X。そう、ゾンビ(っぽいもの)です。や、実際は何かが違うのかも知れませんが、グロイのでいちいち直視してません。向かって来るゾンビ(っぽいもの)を銃で撃つも、弾道が目で追えるくらい遅くて威力がありません。どうしたものかと銃を色々いじって見た所、撃鉄が上手く作動していない事が分かりました。その辺を踏まえつつ撃ち直してみると、ようやくそこそこの威力が出せるようになってゾンビ(っぽいもの)を直撃します。でもゾンビ(っぽいもの)は一向にダメージを負いません。そこで私はめんどくせえのでコイツを無視(オイ)。や、別に襲ってきませんし。細かいディテールもこの際無視。因みにこの時の私、びびるどころか焦りもしてません。どんだけー。

ゾンビ(っぽいもの)に何度かすれ違いつつ、ビルのエントランスフロアに到着。何か仲間っぽい見知らぬオッサンが私を呼んでいます。『初対面の人に馴れ馴れしくされる筋合いはねえんだがなぁ』とナマイキなやさぐれモードでオッサンの話を聞いてみると、『さっき倒したゾンビ(っぽいもの)から、何かの種みたいなものが落ちて来た』とか言ってます。あからさまに怪しいのですが、オッサンは何故かこの種がゾンビ(っぽいもの)を消滅させる唯一の手段だと言って聞きません。根拠を述べよ、オッサン。

で、ビルから出て外の地面にその種を植える事に。オッサンは必死に地面を掘り(やたら固そう)、種を植えています。私は手伝いもせずに周囲の阿鼻叫喚(ゾンビに追われている人々とか必死に何かを叫びながら地面を掘ってるオッサンとか)ぬぼーっと眺めていました(手伝えよ)。ゾンビ(っぽいもの)は何故かこっちには襲って来ません。

掘った穴に種を埋め、土を被せてその上から大量に唾を掛けるオッサン。どうやら水がなかったらしい。オイオイマジかよ、と思いつつも傍観する私。そして……種はあっという間に芽を出し、瞬く間に大木へと成長しました。しかも一本だけでは飽き足らず、追うように何本も同じ樹が生えて行きます。

その光景を『おーすげー』と無感動に見入っていた私。隣ではオッサンが感動のあまり涙しています。取り敢えず鼻水を拭け。樹が増える毎にゾンビが消えて行きます。オッサンの言った事は正しかったのだ。これで全ては救われた……かのように見えました。

樹を見上げると、無数に実が生っているのが目に付きました。何の実だろう、と思っていたら一斉にその実が地面に落ち始めました。そして……落ちた実はゾンビ(っぽいもの)に変わって行きます。そう、実は『実』ではなくて『卵』だったという訳です。だから怪しいって言ったのに……と嘆いても後の祭り。ゾンビ(っぽいもの)は見る間に先ほどよりも増えてキュピーンとこちらを……

……という所で目が覚めました。相変わらず私の夢は訳ワカリマセン。誰か夢診断して下さいな。いや本気で。そろそろ手遅れな領域に突入しているやもしれぬ……(汗)。



人気ブログランキングへ
目に見えるは真実 虚構と偶像の入り混じる真実。
[PR]
by araya-shiki | 2009-11-16 20:54
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30