BE THERE

araya21.exblog.jp ブログトップ

キャラ解説⑦

んな訳で、キャラ解説。一応HMのアレで早めにやるって言っちゃったので、やっときます。今回は前回に引き続き、『HM脇役特集その2』って事で一つ。…最近HMの読者様も増えて来て下さっているようで、作者としてはホクホクでございます。それではどうぞ。

<芹沢和桜・一ノ瀬かすみ&さくら>
私が書いた一番最初の感動モノであるWOSのFile1に出て来た三人ですね。この話は元々幾つかの曲がモチーフになっていて、そこからインスピを得て書いた物語です。えっと、ZONEの『僕の手紙』、中島美嘉の『桜色舞うころ』あたりですかね。他にもあった気がしますけど……忘れました(オイ)。
名前は…文字通り『桜』を題材にしているので和桜とさくらはそのままです。かすみは……病弱で儚い感じを出せればいいかなとその場のノリで決めました。苗字は『NANA』のレイラとタクミから拝借。……NANAの続きはまだ出ないのでしょうか?
和桜は、美彩パパとはちょっと違う路線の親バカですね。……いや、よく考えたら殆ど同じ路線か(汗)。美彩パパの方が過激&溺愛なだけで、それのちょっと手前に和桜がいる感じでしょうか。実は和桜がさくらを引き取る時のエピソード(当時さくらを養っていたかすみの両親を説得&土下座)を書こうとしていた事がありまして。ものっそい薄っすらですが。もう今更感満載なので多分書かないと思いますけどね。
かすみさんは絵に描いたような病弱&色白で、実は良いトコのお嬢様だったという設定なのです。和桜との交際を反対されていたり家事が不得意だったのはその辺が起因。それでもさくらを産む為に病院から逃げるあたり、意外と大胆で芯が強い部分が窺えますね。
さくらもこの二人の娘だけあって思慮深く、芯の強さも持っています。WOSでの初出からEP2で再登場するまでのHM内の期間はせいぜい2ヶ月ほどしか経っていないのですが、その短い間でも和桜の人間性を理解し、『父さん』と呼べるまでに心を開けるのですから、さくらもかなりの良いコですね。勿論、あの台詞も含めて。この家族には幸せになってもらいたいものです。それが、作者の願いです。

<白川智華>
『Cafe wind bell』のウェイトレスにして姉御肌。……実は今年の人気投票にエントリーし忘れまして(汗)。ううむ、何故私は智華ではなく夕人と大五郎をチョイスしたのだろうか……?割と人気あるっぽいのですが。
名前はいつもの通りその場のノリ。一応キャラに似合わず女の子っぽい名前という路線を意識してはいるものの、特に深い意味はありません。そんな感じです、新夜の名付け法なんて。
まだ書いていない先の部分を含めても、恐らくこのコが脇役の中(大五郎を除く)では一番登場回数が多いと思います。現時点で既に2回出ていますし、今後も度々出て来るかと思います。や、智華がというより、『風鈴』が舞台セットとして使いやすいのです。File2以降、SSSの憩いの場とされていますし、EP2の風鈴での一幕でもお分かりの通り、風鈴でSSSが駄弁ってれば当然ウェイトレスの智華もその場にいる訳で。とは言え、智華自身も結構キャラが立っているので、今後ちょいちょい使えるかなぁと。実際、今書き掛けのヤツでも出て来てますしねー。それも結構重要な役で。彼女のファンは乞うご期待。

<依中観史織>
早速出ました、恐怖の《排除プログラム》発動決定者の史織ちゃんです。そりゃアンタ、必要以上にムッキムキのお兄さん方に囲まれたら全力で謝るしかなかろう。よく考えると物凄い絵面ですね……(苦笑)。
名前の由来は……まあその、文学系の女の子キャラによく付けられる『栞』っていう名前を変換違いにしただけなんですけどね。『依中観』はこれまたノリ。字面的に仏教徒っぽい感じがしますね。もしかしたら家が寺だったりするのかもしれません。
語尾に『~なの』を付けて喋る癖があり、ビジュアルも相まって図書館のアイドルというかマスコットっぽい扱いを受けている史織ちゃんですが、本に対する情熱はかなりのものです。それ故、静かが売りの図書館で騒ぐ輩が許せず、あのようなプログラムを考案した訳です。解説の所でも書きましたが、図書館ネタは元々決まっていて、史織と某プログラムは書きながら決めたので、はっきり言って相当勢いだけで生み出されたキャラ&設定ではあるものの、思いの外いい感じに出来たというオチ。やっぱ『案ずるより生むが易し』だなあとつくづく実感させられたお話だったとさ。
彼女の今後の活躍は…どうでしょうね。今の所まだ未定です。人気的にはどうなんだろう…?今度サブキャラオンリーで人気投票してみるのもいいかも知れませんね。や、予定は未定ですよ?

さて、HMの主要な脇役は大体網羅したでしょうか。次はどのあたりを狙うべか。……よく考えたら『主要な脇役』って変な表現ですね(汗)。



人気ブログランキングへ
光よりも眩しくて 虹よりも大きくて 涙よりも温かいもの。
[PR]
by araya-shiki | 2009-09-25 20:47 | Comments(0)
line

幾千の言葉を紡ぎ言霊を届ける新夜 詩希のブログ『BE THERE』。初めての方はカテゴリ『初めましての方へ』を読んで下さい。一応更新復活中。……変わってない? それはきっとタイミングの問題。


by araya-shiki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31